No.0000 日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京)「蘇れ!我が家-不況下で進化...リフォーム新時代-」放映物件 |リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0000 日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京)「蘇れ!我が家-不況下で進化...リフォーム新時代-」放映物件

施工事例 CASE

No.0000日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京)「蘇れ!我が家-不況下で進化...リフォーム新時代-」放映物件

日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京)「蘇れ!我が家-不況下で進化…リフォーム新時代-」放映物件

Yahoo!ブックマークに登録
  • リビングダイニングの様子
  • 寝室の様子
  • 和室の様子
  • 室内窓も和が感じられる障子を採用
  • 洗面台の様子
  • 階段の様子
  • 明るい和室

物件データ

建物種別 戸建て(自宅) 間取り -
施工費用 - 工期 -
築年数 - 施工面積 -
物件面積 - 施工先住所 東京都練馬
邸名 Kさま邸 家族構成 -
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京)「蘇れ!我が家-不況下で進化…リフォーム新時代-」放映物件
-国土交通省の長期優良住宅先導的モデル事業(JERCO)全国第一号物件-

2009年10月27日に「日経スペシャル ガイアの夜明け(テレビ東京)」で、OKUTAの事例が放映されましたが、今回はお礼とご挨拶を兼ねて、ご出演された梶山様のお宅を訪問させていただきました。

インタビュアー:OKUTA代表取締役 山本 拓己(やまもと たくみ)

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 10月27日放送 第389回

蘇れ!我が家
?不況下で進化…リフォーム新時代?
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview091027.html

詳しくはこちら→リノベーション特集

各ポイント

施主様と弊社代表山本、3人一緒にオンエアー鑑賞
山本:こんにちは、ご無沙汰しております。何回も放映のビデオを見ているので、私は毎日お会いしているような気がしています。 奥様:私恥ずかしいから、オンエアーを見ただけでビデオは1度も見ていないんですよ。 山本:えっ、本当ですか?じゃあ当時を思い出しながら、ご一緒に見ましょうよ。 ということで、DVD鑑賞会が始まりました。テーブルの上に置かれていた、制作会社から送られてきたDVD13枚が、契約前からお引き渡しまでの取材量の多さを物語っていました。
皆で談笑しながら、感想を語る
番組が始まって襖紙が剥がれてくるシーンでは、「こんな恥ずかしいとこ撮られちゃって。」と奥様が苦笑い。また、画面に練馬区梶山様のお名前が出た直後の場面では、「ここから私の携帯が鳴り始めたんですよ。」とご主人。放映の日は家の電話はまだ接続されていなかったのですが、ご主人の携帯電話が鳴り続けたそうです。テレビの影響は、梶山様にとっても弊社にとても非常に大きいものでした。
リフォームした寝室の様子
山本:リフォームを終えて新しい生活が始まったわけですが、どこが一番かわりましたか? 奥様:ずっと狭い二階の二間で暮らしていたので、広く暮らせるようになったのと、毎日がワクワクしてあっという間に過ぎるんです。もっと家に居たいのに朝になると、あ?また仕事いかなきゃって。この年でこんな気持ちになるとは思わなかったですよ。 リゾートホテルのようなデザインがとっても気に入っています。 ご結婚されてすぐに、ご主人のご両親が建てた二世帯住宅の二階に36年間暮らして来られました。地元の腕のいい大工さんが建てたしっかりとした造りの家ですが、一階の和室を増築したことで風通しや日当たりが悪くなってしまい、二人のお子様も家を出られたのを機に減築を考えられたのだそうです。
K様ご夫妻
ご主人:5年前から業者を探し始めたんですが、間取りの提案もないし全部大壁にして柱を隠す提案ばかりでしたから、気持ちが動かなかったんです。オクタさんは、古いものを残しながらも最新の機能との両立を提案をしてくれました。 奥様:それとね、二階のベランダへ出るのに60cmの窓を跨いで出入りしていたんですが、大変だったんですよ。そこも低くする提案をしてくれて、ほんとに細かいところまで良くしてくれました。感謝しています。
キッチンの様子
山本:梶山様のこだわりはどんなところでしたか? ご主人:古いものが好きなので、全部新建材で新しくはしたくなかったんです。昔の面影を残しながら、良くしたかったのと、和室とリビングの目線の高さを同じにしたかったので、無理を言って和室を30cm高くしもらいました。椅子に座った目線と、和室の畳に座った目線が同じでしょ?そしたら、和室の床下全部に収納を作りましょうと、山口さんに提案しもらって、この下全部が収納なんですから、いっぱい入りますよ。 山本:キッチンやトイレのカウンターにとってもいい風情のケヤキを使っていますね? ご主人:友達に木場の材木屋の倅がいてね、飲み屋でごちそうするたびに銘木の余りを送ってくれたんですよ。いつか何かで使えると思って取って置いたんです。 奥様:ガラクタだと思ってましたよ(笑)そしたらこんなに良くなっちゃって。 山本:とっても良い味わいです。やはり良い木は存在感がありますよね。
玄関の様子
ご主人:あっそうそう、オクタさんに一つクレームがあるんです。 山本:何でしょう? ご主人:断熱が良くって暖かいから、漬物がうまく漬からなくなった。 山本:う???、ごめんなさ?い。そうですか?、漬物が・・・。 ご主人:笑
リフォームに関わった皆で記念写真
山本:最後に、築37年のこのお家が長期優良住宅として200年住宅に生まれ変わったわけですが、これからリフォームをお考えの方にアドバイスはございますか? ご主人:そうですね、今すぐのことだけじゃなくて、5年後、10年後のことを考えてリフォームを考えられた方がいいと思います。我々もこれから暮らし方をカスタマイズして行こうと思っています。 「ガイアの夜明け」をご覧になりたい方は、最寄りのLOHAS studioまでお気軽にお問い合わせくださいませ。
使用した主な自然素材 -
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.