No.0056 くつろ木 帰ってきてホッとできる空間(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0056 くつろ木 帰ってきてホッとできる空間(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0056くつろ木 帰ってきてホッとできる空間(一戸建て)

リビングの風景

Yahoo!ブックマークに登録
  • リビングからダイニングの風景
  • ダイニングキッチンの様子
  • ダイニングからリビングの風景
  • リビングとソファ
  • リビング側からダイニングの風景

物件データ

建物種別 一戸建て(自宅) 間取り -
施工費用 3,430,000円 工期 45日間
築年数 11年 施工面積 27m²
物件面積 - 施工先住所 東京都小平市
邸名 Oさま邸 家族構成 -
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

ご両親との同居を機にLDKを改装されたO様。
元気いっぱいなお子さまが存分に遊びまわれるように、また、ご主人様は大好きな焼酎を片手にホッとできる空間にしたい。
そんな思いからリフォームを決意されました。

キッチンとダイニングの間にあった、採光を遮っていた造り付けの食器棚を撤去し、お子さまの気配を感じながら料理のできる対面キッチンへ。低めのカウンターでは、お子さまがお母さまと一緒に勉強をするスペースにもなります。


お子さまが転んでも痛くない、温かみを感じる『焼杉』を床に採用。
インテリア性と機能性の両方に配慮しました。
夜はライティングを「Barモード」にすれば、雰囲気のあるバーカウンターに。ご主人がゆったりと焼酎を楽しめます。“くつろぎ”の演出として、和紙の藍・造作カウンターの杉の一枚板で統一感をだし、帰宅後にホッとできる“木”の空間になりました。

各ポイント

ダイニングとテレビの収納
大きなテレビを見ながら、ゆっくりとくつろげる空間。
キッチンのカウンター
子供たちが転んでも痛くない焼杉のフローリングと、杉の一枚板のカウンター。
リビングとダイニングキッチンの一体感
和紙の藍・造作カウンターの杉の一枚板で、統一感のある“木”の空間になりました。
リビングのソファでくつろぐ
家族みんながホッとできる空間にリフォームできました。
使用した主な自然素材 -
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.