No.0305 ふたたび二人で過ごす家 -明治から大正時代の浪漫の薫り(一戸建て2×4)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0305 ふたたび二人で過ごす家 -明治から大正時代の浪漫の薫り(一戸建て2×4)

施工事例 CASE

No.0305ふたたび二人で過ごす家 -明治から大正時代の浪漫の薫り(一戸建て2×4)

ふたたび二人で過ごす家 -明治から大正時代の浪漫の薫り(一戸建て2×4)

Yahoo!ブックマークに登録
  • リビングの様子。
  • 反対から見たリビングとキッチンの様子。
  • リビングから見た書斎の様子。
  • ステンドグラスが美しい扉。
  • 書斎の様子。
  • 玄関から見上げた天井。

物件データ

建物種別 戸建ツーバイフォー工法(2×4工法)(自宅)  間取り -
施工費用 9,000,000円 工期 70日間
築年数 22年 施工面積 59m²
物件面積 - 施工先住所 埼玉県熊谷市
邸名 Kさま邸 家族構成 大人2人
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

<2012年度ジェルコ(JERCO)デザインリフォームコンテスト 関東甲信越支部大会 入賞>

ご主人のリタイアに伴い、再び奥様と二人での生活が始まることとなったK様。「二人でこれから過ごす家をこだわってリフォームしたい。」そのようなご希望からリフォームが始まりました。

奥様は明治から大正時代の建築様式のひとつである「擬洋風建築」、特に長野県の旧開智学校の雰囲気がとてもお好きとのお話を伺い、当時の雰囲気を感じさせるとともに、時間が経つほどに味わいを増していくような改装を行ないました。
床材にはアンティーク加工を施した無垢の栗材を、壁は調湿効果があり、質感の美しい珪藻土を採用しています。
一目惚れされたステンドグラスの建具や煉瓦のアクセントも盛り込み、愛しく心安らぐ、満ち足りた空間を実現しました。

「毎日リビングで過ごしていると、本当に幸せを感じます。第二の新婚生活が始まった感じです。」とおっしゃっていただきました。

◆特徴的な台形のコーナーを美しく引き立て、お部屋の雰囲気に深みをプラス
台形に張り出したコーナー部分が特徴的なお家だったため、その空間がさらに美しく重厚感を醸し出すよう、リビングダイニングにはぐるりと羽目板を廻した内装を。
さらに窓と建具の枠には擬洋風建築の特徴でもあるモールディングを二重にしてまわし、雰囲気をいっそう引き立てています。

詳しくはこちら→リノベーション特集

各ポイント

リビングの様子。
リビングの様子。 重厚感のある「擬洋風建築」の雰囲気に、扉のステンドグラスが彩りを添えています。 扉を開けた時と、閉めた時で全く異なった印象になります。(開けた様子:下の写真) 元々和室で段差のあった二部屋も、段差をなくし、扉を開ければつながった一部屋として広々使えます。 おそうじロボットも大活躍です。
特徴的だった、台形に張り出したコーナー。
特徴的だった、台形に張り出したコーナー。 お二人のお気に入りの場所です。 どっしりとした二重の窓枠に合わせて、重みのある羽目板で腰壁を仕上げました。 窓枠は将来インナーサッシが取り付けられるように、十分な奥行を確保しています。
キッチンの様子。
キッチンの様子。 LDと、段差も、扉もなくつながるキッチン。 コンパクトなキッチンながら、電動昇降式の吊り戸が大活躍です。
玄関の様子。
玄関の様子。 廊下にドアが並んでいる様子が学校のよう。 美しい珪藻土パターンも特徴的です。
使用した主な自然素材 フローリング:無垢材 栗(アンティーク)
珪藻土
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.