No.0146 受け継がれる思い出の家―父母から息子への贈り物―(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0146 受け継がれる思い出の家―父母から息子への贈り物―(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0146受け継がれる思い出の家―父母から息子への贈り物―(一戸建て)

受け継がれる思い出の家―父母から息子への贈り物―(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • リビングの様子
  • 玄関の様子
  • 廊下の様子
  • 外観の様子

物件データ

建物種別 戸建(実家・親類宅) 間取り -
施工費用 - 工期 60日間
築年数 49年 施工面積 90m²
物件面積 - 施工先住所 埼玉県羽生市
邸名 Iさま邸 家族構成 大人2人,子ども1人
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

前年に一人暮らしのお母様が他界し、自分の生まれ育った家に戻ることにしたご主人。前々より興味のあった自然素材を使い、古い家の良さを引き出すリフォームを希望。奥様は使い勝手を良くし、活発なお子様に目が届き、のびのび暮らせる家を希望。もともと縫製工場を併設した住宅。天井の高さをどうするか、既存では2200しかなく反対に屋根裏が高かった。縫製工場名残の高窓をアクセントに全体のバランスを考え、採光にも優れ、和の雰囲気を醸し出す空間を作ることに成功。リビングというより茶の間という言葉がしっくりくる空間に仕上げた。

詳しくはこちら→リノベーション特集

各ポイント

カウンターの様子
カウンター前部分はリビングに合わせ色をダークに。収納も充実。本を飾れるようにし、アクセントに。
作業台で造った座卓の様子
亡き父母が、長年仕事で使っていた作業台を加工して作った座卓。帰ってきた家族を迎える。
和室の様子
大きな窓から暖かく柔らかな光が差し込む和室。
ユーテリティースペースの様子
キッチン横のユーティリティースペース。キッチンで作業をしながらインターネットをしたり、ちょっとした作業を行える。
トイレの様子
シンプルな造りのトイレ。可愛い照明がアクセントに。
使用した主な自然素材 -
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.