No.0079 ―アンティークに囲まれたゆとりある暮らし―(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0079 ―アンティークに囲まれたゆとりある暮らし―(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0079―アンティークに囲まれたゆとりある暮らし―(一戸建て)

―アンティークに囲まれたゆとりある暮らし―(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • ダイニングの様子
  • 食器棚の様子
  • 廊下の様子
  • ダイニングとニッチの様子

物件データ

建物種別 戸建(自宅) 間取り -
施工費用 - 工期 -
築年数 - 施工面積 -
物件面積 - 施工先住所 埼玉県川口市
邸名 Sさま邸 家族構成 大人2人
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

アンティーク家具や、家具職人さんが作った家具を大事にしていた奥様。
キッチンの部屋に開口部が多く、収納がバラバラになり使いにくいため、お気に入りのアンティーク家具が映える家にしたいとのご要望。
また、リビングは普通にあるのに、何故か、狭いダイニングキッチンに集まってしまうという不満をお持ちでした。
原因は、ダイニングキッチンとリビングが壁と建具で遮られてるため。
そこで、建具と壁を撤去し、補強の梁を入れて、オープンなLDKに。
既存のダイニングキッチンは、四方の壁の全てに、窓やドアなどの開口部があり、収納や冷蔵庫などをすっきりと置くことができなかったため、対面キッチンにして、背面には窓からの採光を確保しながら大容量の収納を造作しました。
新しいドアは、奥洋のステンドグラスドアと、お手持ちのアンティークステンドグラスを入れたオリジナルの無垢建具を入れ、壁と天井は珪藻土です。
床は、タモのブラウン塗装。そのた木部の塗装は、プラネットのエボニーを使いました。
リフォーム中に手に入れた、アンティークのダイニングテーブルとシャンデリアを配置して、お気に入りの家具に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごされているそうです。

【リフォーム前の悩み】
・キッチンの部屋に開口部が多く、収納がバラバラになり使いにくい

・お気に入りのアンティーク家具が映える家にしたい

詳しくはこちら→リノベーション特集

ビフォー・アフター

リフォーム前の様子
before

after

各ポイント

LDKの様子
ダイニングキッチンとリビングを隔てていた建具と壁を撤去し、オープンなLDK に。 補強で入れた梁を、ダークな色で塗装してアンティーク家具と合わせました。 床はブラウン塗装をしたタモ材、壁・天井はアイボリー色の珪藻土で全体的にシックながら、暖かみのある雰囲気に仕上がりました。
アンティークの家具が映えるダイニングの様子
リフォームに合わせて、素敵なアンティークのダイニングテーブルとシャンデリアをご購入。 優雅なティータイムを楽めるようになりました。
キッチンの様子
対面式キッチンに間取りを変更し、窓からの光は損なわないように、光を通す素材を裏板に使い、食器棚を造作しました。
ニッチの様子
冷蔵庫を隠す壁には、ニッチ飾り棚を設けました。 お部屋のアクセントにもなりますし、機械的なインターフォンを目立たなくさせる効果もあります。
廊下の様子
廊下には、腰壁を貼りアンティーク色で塗装。 リビングのドアは、奥洋の無垢ドア。 ダイニングの入り口は、アンティークステンドグラスを入れた、世界で1 つのオリジナルドアです。
使用した主な自然素材 珪藻土
無垢材
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.