No.0433 デッドスペースを活かす!開放的なLDKで家族の時間を楽しむ家(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0433 デッドスペースを活かす!開放的なLDKで家族の時間を楽しむ家(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0433デッドスペースを活かす!開放的なLDKで家族の時間を楽しむ家(一戸建て)

デッドスペースを活かす!開放的なLDKで家族の時間を楽しむ家(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • デッドスペースを活かす!開放的なLDKで家族の時間を楽しむ家(一戸建て)
  • 子どもも喜ぶダイニング
  • 梁とガラスブロックが特徴的なリビング
  • キッチンダイニングの様子
  • リビングから見たダイニングの様子
  • 別の角度から見たダイニング
  • リビングの様子
  • ダイニングから見たリビングの様子

物件データ

建物種別 一戸建て 間取り Before: 4LDK →  After: 3LDK
施工費用 8,600,000円 工期 75日間
築年数 13年 施工面積 52m²
物件面積 - 施工先住所 東京都
邸名 Mさま邸 家族構成 大人2人+子供1人
採用した商品 キッチン
:アレスタ(LIXIL)
ユニットバス
:サザナ(TOTO)
トイレ
:ベーシア(LIXIL)

家づくりのご要望・目的

ご希望の場所に、住まい探しから対応!安心の物件購入

お子様の誕生をきっかけに、家を持つことを決めたM様。職場に近い場所に、ライフスタイルにあった住まいを中古物件を購入しリフォームすることにいたしました。
中古物件探しから対応するLOHAS studioにご依頼いただき、リフォーム内容や予算を事前に相談しながら検討、希望の中古一戸建てを購入することができました。 

子育ても家族の時間もゆったりと楽しめる空間に 

選ばれた物件は築13年の中古一戸建てでした。「子育て中なので、家族がゆったり過ごせる広いリビングにしたい」というM様の要望をふまえ、さらに子育てしやすく、家族の絆も深まる空間をプランニング。理想の住まいへのリフォームをスタートしました。

ビフォー・アフター

リフォーム前の図面
before
リフォーム後の図面
after

子育ても、お子様も楽しくなるLDKへと間取りを大変身!1畳の子ども部屋もポイント

M様のご要望をふまえ、日常生活の中で「家族のつながりを育み、お子様が楽しくなる」をテーマにプランニング。
家族の時間のほとんどを過ごすLDK。L型で見通しの悪かったLDは、和室を取り込み、閉鎖的だったキッチンをダイニング側に移動してL型の開放的な対面式にすることで、オープンなLDKを実現。どこにいても、お子様や家族とコミュニケーションが取れます。
LDにいるお子さんを見守りながら家事ができます。 
また、階段下のデッドスペースには小さな入り口を設け、1畳ほどの子ども部屋をご提案。絵を描いたり絵本を読んだりと、お子様も楽しそうに使っていただけています。その隣には、M様が自宅でもお仕事できるよう、書斎スペースを設けました。
また、靴が大好きなM様のリクエストにお応えし、たくさん収納できるシューズクロゼットも新設いたしました。

“□”“〇”のアクセントが素敵!シンプル&ナチュラルなデザインで、温もりある雰囲気に。 

白い壁や、明るく塗装された無垢アッシュ材の床、ナチュラルなインテリアで、シンプルながら温もりある空間にデザインされたLDK。構造上必要な柱や筋交いは、そのまま活かして空間のアクセントに。また、壁の“□”や“〇”は、視線が抜けて空間に広がりを見せるとともに、遊び心を感じられる楽しい仕掛けです。天井には調湿効果のある珪藻土など自然素材を採用し、お子さんも安心して過ごせます。

ライフスタイルに合わせた間取りの変更や、デザイン。随所にちりばめたアイデアやお子様にも安心の自然素材を取り入れることで、家族みんなが楽しく過ごせるさわやかな住まいになりました。

各ポイント

LDKの様子
白を基調にした、シンプルで明るくナチュラルなLDK。和室を取り込み、キッチンの配置や型を変更して、開放感あふれる空間を実現。家族が自然とLDKに集いお互いを感じられるように、子ども部屋や書斎も設けています。床には明るく塗装した無垢アッシュ材、天井には調湿効果のある珪藻土など自然素材を採用。
キッチンの様子
奥まって孤立していたキッチンは、ダイニング側に移動させ、L型の対面式へと変更。カウンターの羽目板は床と同じく無垢アッシュ材を使い、LDとデザインを統一してナチュラルテイストに。吊り戸棚はつけずオープンにして、キッチンで家事をしながら、LDにいるお子さんを見守れるることができます。料理中も家族と会話が楽しめるのもうれしいポイントです。
ダイニングの様子
窓からたっぷりと光が注ぐ明るいダイニング。キッチンカウンターと同素材の無垢アッシュ材が、白い壁と調和し、優しい雰囲気を作り上げています。
書斎スペースの様子
子ども部屋の隣には、M様の書斎スペースを設置。家でも仕事ができるよう、モニターを2台並べても余裕ある広さを確保。家族の様子を見ながら仕事やちょっとした調べ物などができて便利です。
1畳の子ども部屋
LDKには階段下のデッドスペースを活かして、約1畳のコンパクトな子ども部屋を新設。まるで秘密基地のような空間は、お子さんにとっても特別で楽しいスペースに。アーチの下がり壁がLDKと子ども部屋を優しく仕切り、LDKの雰囲気にも馴染むので、気兼ねなくゲストも呼べます。お子さんの様子を見守れる丸い窓も、遊び心があって楽しいつくりとなりました。
サニタリーの様子
さわやかなブルーの壁が印象的なサニタリースペース。壁と同じく扉にもブルーにしました。LDKがシンプルでナチュラルな分、水まわりスペースは思い切り鮮やかな印象にして、メリハリのある空間に。
トイレの様子
洗面脱衣所と同じく、壁とドアにはブルーを採用したトイレ。あえて不規則に並べたガラスブロックがアクセントになっています。
玄関の様子
2階から光が注ぐ、明るい玄関。白いと茶の色合いが落ち着いた、ぬくもりを感じる空間です。
シューズクローゼットの様子
オープンなシューズクロゼットは、靴が大好きなM様のリクエスト。大切な靴をたっぷりと“見せて”収納できる。クロゼットの奥には掃除機を立てかけられ、雑多なモノは“見せずに”収納もできて便利 
使用した主な自然素材 無垢材…アッシュ(床)
珪藻土…天井
こだわり・テーマ
施工部位

担当店舗

LOHAS studio 練馬店

今回のリフォームは、日常生活の中で「家族のつながりを育み、お子様が楽しくなる」をテーマにプランニングしました。家族の時間のほとんどを過ごすLDKは、和室を取り込み、閉鎖的だったキッチンをダイニング側に移動してL型の開放的な対面式にし、オープンなLDKを実現。どこにいても、お子様や家族とコミュニケーションが取れます。また、階段下のデッドスペースには小さな入り口を設け、1畳ほどの子ども部屋をご提案。絵を描いたり絵本を読んだりと、お子様も楽しそうに使っていただけています。 

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.