ミッションステートメント、経営方針|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP会社概要ミッションステートメント、経営方針

会社案内 COMPANY

ミッションステートメント、経営方針

ミッションステートメント

ミッション経営について

OKUTA Familyの経営を「ひと言で言って下さい。」と聞かれましたら「ミッション経営」と私はお応えします。

奥田勇

ミッション経営とは、明文化されたミッション・ステートメント(企業使命の声明)を最上位とし、そして核として経営を行うことをいいます。
ミッション・ステートメントは、社会へのメッセージであり、OKUTA Family全社員の共通認識でもあります。
けっして形骸的ではなく、全社員とともにOKUTAの社主である私も、このミッションに則らなければなりません。

ミッション・ステートメントは、OKUTA Family各社の存在意義の表明でもあります。
OKUTAの経営方針につきましても、このミッション・ステートメントに則っています。

理解ある顧客、健誠実な社員、全なる取引先、この三者の関係を私たちはロイヤリティリレーションとよび、この三者の深い信頼関係の均衡が、関わる人々を幸せに導くと私は信じています。

ミッション・ステートメントは、今回の改正で3度目となっています。
最初のOKUTA Familyミッション・ステートメントは、2003年6月に発表し、その全文が完成するまでに実に11年の歳月がかかりました。
27歳で創業した私は、企業の社会的意義や社会的責任など、学ぶことを怠っていたように思えます。これは企業の経営者として実に体たらくであったと深く反省しております。

2005年春に検挙された悪徳リフォーム詐欺事件や、耐震偽装問題などにより、建築リフォーム業界のイメージダウンは計り知れないものがありました。しかしながら、私の知る限り建築に携わる多くの人々は、建築の仕事に誇りを持ち、誠意をもって日々取り組んでおります。

建築リフォーム業界は、日本建築の伝統を受け継ぎながら、日々技術革新が行われている実にダイナミックな業界です。

OKUTA Familyミッション・ステートメントにある、顧客と社員と取引先との三位一体の信頼関係と地球環境の原則を尊重する家づくりこそが、OKUTAが考える楽しく幸せなLOHASな家づくりです。

持続可能な地球社会と、健全で透明性のある建築リフォーム業界になることを願って・・・

2010年1月22日

OKUTAの軌跡~ミッション経営までの道のり

この映像は経営コンサルタント「株式会社船井総合研究所」様の創業40周年を記念して創設した、「船井総研グレートカンパニーアワード」において、 第1回グレートカンパニー大賞を受賞させていただいた際に放映されました、OKUTAの紹介映像です。

スピーチの内容は以下のリンクよりご覧ください
船井総研グレートカンパニーアワード大賞スピーチ新規ウィンドウ

この賞は、年間約5000社とお取引のある船井総合研究所様において、顧客や社員から共感される「理念」が、事業展開や組織運営に反映され、社会性と収益性を両立し、社員の教育性も伴っている企業、また社員の人間性が高まると同時に、社員がその企業の一員であることに誇りが持てる企業を「グレートカンパニー」と定義し表彰する制度です。

OKUTA初の環境宣言

私達はこの度「環境と健康」というキーワードをもとに、地球環境の原則に則って、建築建材の選定選別や環境住宅リフォーム技術の研究を推進していくため「地球環境の原則を尊重する住宅リフォームの会社」への転換を宣言します。未来ある子供達の為に私達は今出来ることから始めなければなりません。

OKUTAでは、製造段階や施工時、使用中や廃棄時における有害性のある建材の使用を今後自主規制していく方針です。まず 始めに2002年9月1日受注分からの塩化ビニルクロスの受注を禁止し「脱、塩化ビニルクロス」を実施しています。
このことは企業存続における大変なリスクを伴いますが、環境問題だけではなく経済的にも破局に直面している世界の真実を知らなくてはなりません。物質的な豊かさを追求してきた私たちは、売上至上主義から環境調和、循環、永続可能な企業へ転換し進化なければなりません。

OKUTAは創業10年で重要な転換期を迎えています。このことは過去の10年間を否定することではありません。ここまでたどり着く為の10年間であると考えます。我々が勇気を持って挑戦し示していくことに我々の本当の存在意義あると考えています。私達が生業としている住宅リフォーム業などの建築業界がどのような成長を求めても、地球環境の原則に従わなくてはいけません。地球環境の原則とは、世界の森林、山、水をはじめとする繊細な生態系の安定と、人類の活動が地球資源のキャパシティを越えてはいけないという根本的な原則のことです。

私たちはこのたび「環境と健康」というキーワードをもとに、地球環境の原則に則って、建築建材の選定選別や環境住宅リフォーム技術の研究を推進していくため「NPO Eco Reform 推進協議会」の設立を行い、「地球環境の原則を尊重する住宅リフォーム会社」への転換を宣言します。

2002年9月

OKUTA Family 取締役会 会長 Creator & C.E.O 奥田 勇

経営方針

経営方針

OKUTA Managerial Policy Ver2.1

株式会社OKUTAは、OKUTA Familyミッション・ステートメントに則り、住生活事業を通じて各事業ドメインと深く連携を図り、安全、健康、環境に配慮した住文化の在り方を提案・創造することで、地球環境と共生する社会の実現に寄与する。そのために「個」を尊重し、「知」を結集し、「信頼」を得る努力を怠らない。

<8つの信条>

私たちは、顧客、社員、取引先の家族及び子孫の幸せの実現を目的とするため、常に変化に適応し挑戦する心を持って、顧客の生涯価値創造に努める。

私たちは、努力に値する明確な目標と目的を、全社員、チーム、各店および各部署が強く持ち、情熱とユーモアをもって達成させる。

私たちは、常に創意工夫することで創造的イノベーションを起こし、最小限の人員で最良の成果を生み出せるよう徹底したローコストオペレーションを実現させ、顧客に最大の価値を提供する。

私たちは、品質・技術・顧客サービス・専門的インテリジェンスの低下を伴う規模の拡大は行わない。

私たちは、住生活事業を、サービス産業におけるライフスタイル事業と位置づけ、顧客サービスとコミュニケーションを何よりも重要視する。

私たちは、顧客の苦情解決に迅速かつ誠意を持って対応し、積極的に学ぶことを怠らない。

私たちは、顧客を創造し、顧客の要望に応えることこそが事業の目的であると定義し、そのことに社員と取引先が一丸となって取り組む。社員、取引先は常に顧客の要望に耳を傾けることで、新たな事業機会を創出する。

私たちは、価値観を共有できる誠実な社員を選び、教育・成長のための投資を積極的に行う。事業の成功は、一人ひとりの社員の満足度、努力、意欲に依存しており、社員のニーズに応えるよう努力する。

2013年1月22日(創立22年記念日改正)

株式会社 OKUTA 代表取締役 社長

C.O.O & C.F.O 山本 拓己

大切なお客さまへ

山本拓己

OKUTA family は、おかげさまで21周年を迎えました。

これも、お客様、社員、協力業者様、そしてそのご家族や地域のご協力があってこそと、心より感謝申し上げます。 私たちは、お客様の快適な暮らしを実現するために「passiv design|パッシブデザイン」を多くの方にご提供していくことが私たちの使命と考えています。デザインのカタチは全て異なり、ライフスタイルに合わせたデザインの在り方は無限に広がり、その方のための唯一のデザインをお客様と共に創造していきます。

また、お客様のエネルギーに対する意識も大きく変わりました。OKUTA Family では、住宅全体の性能向上を含めた「最低限のエネルギーしか使わない超断熱高性能住宅について研究を進めて行くことこそ、お客様への快適な住まいの提供に繋がると考えています。

今後も、お客様、社員、協力業者様とともに、100 年企業までの道を着実に歩んで参りたいと思います。

株式会社 OKUTA 代表取締役 社長

C.O.O & C.F.O 山本 拓己

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.