キッチンリフォームの落とし穴 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPキッチンリフォームキッチンリフォームの落とし穴

キッチンリフォーム

キッチンリフォームの落とし穴

  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7
「キッチンにはこだわりたい」といった人も多く、キッチンはこだわりの活かせるリフォーム部位としてとても人気があります。ただし、こだわりたい部分が多いからこそ、意外な落とし穴が存在するのです。気に入らないからやり直しというわけにもいきません。毎日使うキッチンは、使いやすくて料理が楽しくなるような場所にしたいものです。
せっかくのキッチンリフォームを台無しにしないように、ここでは良くある落とし穴や注意点をご紹介します。

落とし穴1 - 将来のことも見据えたキッチンリフォームを

育児中のご家庭の場合、子供に合わせようとついつい現状に目を奪われがちになってしまいます。しかし子供の成長は早いもので、子供用に対策したものが数年後には、不便さのもとになってしまうという可能性もあります。
そこで、将来に備えた設計にすることが必要になってきます。移動可能な家具を加えることで機能を満たす等、変化に対応できるキッチンづくりをすることが重要になってきます。

落とし穴2 - キッチンを複数人数で使用する場合を考慮

絶対にキッチンには一人しか立たない、というのであれば良いのですが、複数人数で使用する可能性がある場合は、キッチンを何人の人間が同時に使用するかを考えることも、キッチンリフォームをする上では必要不可欠な判断材料となります。
当然ですが、頻繁に場所を譲り合わなければならないようなキッチンでは作業も効率的ではありません。複数人が同時に使用してもスムーズに作業が出来るようなスペースを確保したり、誰がどの部分を良く使うかなどの使用頻度もチェックすることも重要になってきます。キッチンを使用する皆の最善の形を決定するようにしましょう。

落とし穴3 - 家電の買い替えを考慮

現状持っている家電に合わせてリフォームをすることで意外な落とし穴が存在します。
例えば今の冷蔵庫のサイズに合わせて3方向を囲んだ為に、大型冷蔵庫に買い替えることが出来なくなってしまった、といったケースが存在します。家電は永久的なものではないので買い替える時が来るという事、家電を買い替えても対応できるようなレイアウトにするということを頭に入れておくことが重要になってきます。

落とし穴4 - L型の大きなキッチンにしたつもりが…

「キッチンにはこだわりたい」という想いからI型のキッチンをL型のキッチンに変え、コンロを3口タイプのものにし、シンクも大きなサイズに変え大満足のキッチンリフォーム!で終わるはずだったのですが、実際に使用してみると作業スペースが狭く使いづらいという結果に…。
これはL型に変更し、シンクやコンロが大きくなったので、実際の作業スペースは狭くなってしまったという結果です。L型にするとI型に比べ全長は長くなるのですが、L型はデッドスペースが出来やすいので、工夫をしないと今回のようなケースになりがちです。L型やコンロやシンクを大きくする際には作業スペースをしっかりと取れるように工夫をすることが重要になってきます。

落とし穴5 - 高齢の方の場合はより注意が必要

高齢の方がキッチンを使用する場合は、筋力の低下等、体が不自由になることを考え、より注意が必要になってきます。開閉に力が必要な収納スペースは避け、高い位置に設置する収納スペースは避ける等、安全性を重視したリフォームを心掛けるべきです。
また、高齢の方の場合、薄暗いキッチンは手元や足元が見えにくく思わぬ事故に繋がるといったことも少なくありません。照明を明るくすることも重要になってきます。高齢の方の場合は常に安全という言葉を忘れないようにしましょう。
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.