耐震補強プロテクター「いのちまもる」 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP耐震リフォーム耐震補強プロテクター「いのちまもる」

耐震補強プロテクター「いのちまもる」

  • 耐震補強プロテクター「いのちまもる」

耐震補強プロテクター「いのちまもる」

柱のホゾ抜けを防ぐホールダウン金物
1995年の阪神・淡路大震災の死者6,300余名のうち、建物破壊による圧死者は約8割の5,000人を越えていました。なぜ、たくさんの家がつぶれてしまったのでしょうか?
原因のひとつとして、地震の揺れで柱が土台から抜けてしまったことが考えられます。
なぜ柱が土台から引き抜かれてしまうのでしょうか?

地震が起きたときの家が揺れる様子
P波とは、地震波の縦波で、地震波の中で最も速く伝わることからラテン語で「最初の」という意味を表す"primae"(英語の"primary"の語源)の頭文字です。
S波とは、地震波の横波で、横波はP波の次に速く伝わることから、ラテン語で「2番目の」という意味の"secundae"(英語の"secondary"の語源)の頭文字です。
また、筋かい等を入れて壁を強くすることで、柱の引き抜け力が増すことにも留意する必要があります。
つまり、壁の補強と柱の引き抜け防止をセットで行うことが最善の耐震補強となります。

耐震補強の基本は足元から

高性能高性能
無筋基礎に取り付けて、最大7.36tの引抜力に耐えることが実験により証明されています。
写真は、1998.7.22に工学院大学建築学科宮澤研究室にて撮影
低価格低価格
壁を切らずに施工が可能なため、壁を切る場合と比較すると費用は4分の1から5分の1で済みます。
写真は、施工完了時のものです。
安心
設置後、半年に一度の無料点検付きとなっております。
PL保険付き、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)の推奨品です。
耐震診断無料キャンペーンページはこちらから
事例ページはこちらから
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.