4度目の大改装だから地震対策もしっかりと  リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP耐震リフォーム4度目の大改装だから地震対策もしっかりと

4度目の大改装だから地震対策もしっかりと

4度目の大改装だから地震対策もしっかりと

お気に入りの特選物件

S様邸埼玉県の東南部に位置する越谷市は、市域を元荒川、綾瀬川、新方川、中川などの一級河川が流れ、それらの川筋を多くの用水が網の目のように結ぶ水の都。部分的になだらかな起伏はあるものの地形はほぼ平坦で、かつてはその大部分が農地でした。
日光街道が縦貫しており、東京都心からわずか25km圏に位置しているため、近年はベッドタウンとしての発展がめざましい地域です。
S様がこの家を購入してから、30年近くになるとのこと。建築後4~5年ほどの戸建住宅が売りに出ているという、知人からの紹介だったそうです。不動産業者は介入していませんでした。建て主がかなり力を入れて立てた家らしく、木材なども吟味されており、細工もしっかりしていて外見ばかりをつくろった建売住宅ではないところが気に入り、すぐ購入したそうです。
しかしよく話を聞いてみると、S様邸の大改造工事は今回が4回目だということでした。
30年そこそこの間に4回も大規模リフォームを行ってきいたということは、7~8年ごとに何らかの工事をしてきたことになります。

再三の改装にはそれぞれに理由が

最初の改造工事は購入してから数年後、子ども部屋の増築でした。2階東南角部分にカギの手状をした広いベランダがついていたそうですが、南部分だけ残して東側に部屋を増築したのです。
さらにその数年後、日当りのいい2階にリビングと台所を移設。キッチンを対面式のオープンキッチンに変え、ご家族にも好評だったそうです。
そして3回目は1階にリビングとキッチンを戻し、リビングと和室を南側に少し拡張。お子様たちが成長したことと、買い物から帰って生鮮食品を冷蔵庫に入れる為に、階段を上り下りしなければならない毎日の大変さから、将来自分たちが高齢化することを考えれば、やはり台所や居間は1階においたほうがいいとのお考えからでした。
そのころ、S様は建て替えも真剣に考えていらっしゃいました。しかしいろいろ検討してみると、S様邸は建て替えれば確実に小さくなる。家が小さくなるのは望ましくない、ということで断念したそうです。
そして今回のリフォーム工事に至るわけですが、まず一番の目的はオール電化にしてお風呂と台所を全面改装することでした。
夜間電力を利用する給湯機で24時間お風呂に入れるし、台所は火が出ないIHクッキングヒーターを導入することで火災や火傷の心配がなくなると考えられたためです。

快適さと同時に安全な家に~再三の増改築で構造的な弱点が

壁を補強しかしこの改装工事に先立ち、近所に嫁いでいる娘様から「それだけお金をかけるなら地震対策もしておいたら」と助言されました。
確かに改装工事で快適になっても、地震で倒壊してしまったら元も子もありません。それと同時に、S様は1年ほど前から2階の床のきしみが気になっていました。静かに歩いているだけでも、2階の床が部分的に沈み、ギシギシといやな音を立てるのです。
畳をはがしてみても、異常は見つからない。また表通りを大型トラックが走るだけで、家全体が揺れる。やはり一度、専門家に見てもらった方がいいかもしれない。そう思われたS様は、改装工事に先立ち、耐震診断を受けてみることにしたそうです。

そして現地調査と診断を行ったところ、1階、2階ともにX(東西)方向の数値が低く、危険な状態であることが分かりました。
特に1階X方向の数値は0.42しかなく、これは「倒壊する可能性が高い」領域。リビングと西側の和室は、前回に改装を行ったとき柱と壁を撤去して3尺ほど広げているため、構造的にかなり無理がありました。
2階の床がきしむのも、家が揺れやすいのも、おそらく壁下直下率の低さや壁のバランスの悪さが原因になっていると推測されました。

既存壁の補強を重点的に行って

壁を補強また、増築部分と既存部分との取り合い(接合)の甘さも気になったため、各締結部分を現行基準法に合わせてしっかりと締結することに。
2階の床のきしみを解消するため、和室の天井を解体して構造用合板を貼り込み、2階の床強度を高めました。水平剛性を高めれば、直下率の悪さを補う効果もあります。
これら一連の補強工事によって、S様邸の診断数値は「一応倒壊しない」レベルまで大幅に改善されました。

揺れない家になったことを実感

補強工事は台所や浴室などの改装工事と並行して行われたため、2か月ほどかかりました。
S様がまず気付いたのは、家が揺れにくくなったことだそうです。
テレビの臨時ニュースで地震があったことに気づくという経験が何回もあったというお話も。
また付帯工事として床下の湿気が多かったため、防湿シートを敷き込んだのちに調湿剤を約3cmの厚みで散布したところ、1階の部屋の湿気が明らかに違うと仰っていました。
住む人にも、家にも快適な環境に生まれ変わりました。
耐震診断無料キャンペーンページはこちらから
事例ページはこちらから
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.