大引(おおびき)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集大引(おおびき)

リフォーム用語集 GLOSSARY

大引(おおびき)

横架材のひとつで、特に木造建築物の最下階の床を支えるものを「大引」という。

部材の大きさは約9から12センチ角材となる。

大きな役割は目方を土台に伝えるため根太を支えるもの。

根太(ねだ)という床板を受ける水平材と直交するよう、通常は約90センチほど(半間)間隔で配置される。

根太を省略する工法で「根太レス工法」というものがあるが、この場合には直接 床板を大引きに張る場合もある。(根太レス工法ではに強度や厚みを持たせることで根太を省くこととしている)

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.