擬宝珠(ぎぼうしゅ・ぎぼし)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集擬宝珠(ぎぼうしゅ・ぎぼし)

リフォーム用語集 GLOSSARY

擬宝珠(ぎぼうしゅ・ぎぼし)

擬宝珠は、伝統的な建築物の装飾で橋や神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾りのこと。
ネギの花に似ていることから「葱台(そうだい)」とも呼ばれる。
擬宝珠が取り付けられるのは親柱(両端および一定の間隔で並ぶ主要な柱)で「宝珠柱」と言い、親柱が木製の場合、擬宝珠は銅、青銅などの金属製で、雨水などによる木材の腐食を抑える役目がある。
親柱が石の場合、擬宝珠も含めて石造りになっている場合もあり、まれにすべて木製のものもあります。より古い時代の瓦製のものも見つかっている。
尚、五重塔、五輪塔などの仏塔の先端に飾られるものは、擬宝珠ではなく宝珠である。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.