エフロレッセンス(えふろれっせんす)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集エフロレッセンス(えふろれっせんす)

リフォーム用語集 GLOSSARY

エフロレッセンス(えふろれっせんす)

コンクリートが劣化する際、花の咲いたような白い模様がコンクリート表面に顕われる(白華)現象をエフロレッセンスという。コンクリートが劣化する際に発生する析出物で、劣化の目安のひとつ。

白い析出物は、コンクリートに含まれる可溶性の物質またコンクリート周辺に存在する可溶性の物質が、雨水などにさらされることで水分に溶け出しコンクリートの表面に染み出した後、空気中のアルカリ成分・炭酸ガスと化学反応を起こし、アルカリ炭酸塩・アルカリ硫酸塩・炭酸カルシウムなどに変化したものとされる。

エフロレッセンス発生において、すぐさま構造物が劣化して強度が落ちたと断定できるものではないが、コンクリートに含まれている水分移動が裏づけされた現象であることから要注意が必要となる。 なおエフロエッセンスの発生で美観により損なわれるため、補修と同時に美観の回復についても専門家へ相談しておきたい。

英語表記:efflorescence

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.