ハートビル法における利用円滑化誘導基準|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集ハートビル法における利用円滑化誘導基準

リフォーム用語集 GLOSSARY

ハートビル法における利用円滑化誘導基準

利用円滑化誘導基準:高齢者等が円滑に利用できる水準。利用円滑化基準のハードルを1つ上げたもの。

具体的には、以下6つがあげられる。

(1)出入り口の幅を 90cm以上として、段差を設けないこと

(2)車イスと車イスが容易にすれ違えるよう、廊下の幅を180cm以上とすること

(3)階段の幅を 140cm以上とし、その両側に手すりを設けること

(4)エレベーターの出入り口の幅を90cm以上とし、視覚障害者の人も利用しやすいものであるこ と

(5)車イス用のトイレが必要な階にあると同時に、車イス用のトイレが全体の2%以上あること

(6)車イスが安全に昇降できる専用の駐車場が全体の 2%以上あること

「利用円滑化誘導基準に適合する」と、所管行政庁から認定され場合、容積率算定の特例が受けられるなどのメリットがある。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.