ハートビル法におけるバリアフリー基準|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集ハートビル法におけるバリアフリー基準

リフォーム用語集 GLOSSARY

ハートビル法におけるバリアフリー基準

不特定多数の人が利用したり、主として高齢者や身体障害者等が利用する廊下、階段、傾斜路、敷地内の通路、さらに1つ以上整備することが求められる車イス専用のトイレや駐車場などに関して設けられたバリアフリーの基準。

以下2つに分けることができる

利用円滑化基準:高齢者等の利用を拒む障壁を除去する水準

利用円滑化誘導基準:上記基準をさらに上げた基準(高齢者等が円滑に利用できる水準のこと)

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.