バルコニー・ベランダのバリアフリー工事のポイント|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集バルコニー・ベランダのバリアフリー工事のポイント

リフォーム用語集 GLOSSARY

バルコニー・ベランダのバリアフリー工事のポイント

集合住宅のバルコニーや、一戸建て住宅のベランダは、洗濯物や布団を干すためのサービス・スペースであり、鉢植えやコンテナガーデンの手入れなど、屋外生活を楽 しむことができる空間でもある。

ただしマンションなどの集合住宅のバルコニーは、避難経路としても利用されるため、居住者がもっぱら使用で きる共用部分と定められている。そのため、集合住宅の管理規約等によってはリフォームできないケースが多々あるので、 事前に確認しておく必要がある。

バリアフリー工事を行う際の主なポイント(集合住宅の場合は購入する際の主なチェック・ポイント)として、以下の3項目がある。
(1)段差:バルコニーやベランダの出入り口の段差は、できる限りなくすこと。あるいは、段差がな いことを確認する。ただし、180mm以下の単純段差や、250mm以下の単純段差で手すりを設置できるようにしたもの、あるいは屋内側及び屋外側のまたぎ段差が180mm以下で、手すりを設置できるようにしたものなどは、許容範囲となる。
(2)手すり:転落防止のため、以下の手すりを取り付けること。あるいは取り付けられていることを確認する。
ア:腰壁等の高さが650mm以上1100mm未満の場合:床面から1100mm以上の高さに達するように手すりを取り付けること、あるいは取り付けられていること。
イ:腰壁等の高さが300mm以上650mm未満の場合:腰壁等から800mm以上の高さに達するように手すりを取り付けること、あるいは取り付けられていること。
ウ:腰壁等の高さが300mm未満の場合:床面から1100mm以上の高さに達するよう手すりを取り付けること、あるいは取り付けられていること。
(3)床、水に濡れても滑りにくい床素材を使用すること。あるいは使用されていることを確認。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.