隠し釘(かくしくぎ)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集隠し釘(かくしくぎ)

リフォーム用語集 GLOSSARY

隠し釘(かくしくぎ)

表面から見えないよう打ち込んだ釘をいう。

化粧合板の接着用に、釘頭にあたる部分にプラスチックがはめ込まれたものを一旦は打ち込んで固定、その後 接着剤が乾いたのちにプラスチック部分を叩いて落とすタイプの釘も「隠し釘」と呼ぶ。

似た手法で、接着後に引き抜かれる仮釘があるが、隠し釘は釘本体が材料の中に残るため固定力に優れる。

別名:忍び釘、落とし釘

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.