崖地(がけち)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集崖地(がけち)

リフォーム用語集 GLOSSARY

崖地(がけち)

宅地に使用することが難しい斜面部分をいう。

?自然地形の場合や、宅地造成による切土・盛土で人工的に造られた場合がある。

敷地の地盤が弱い場合は、補強用のコン クリート擁壁(ようへき)を造成する必要がある。

このほか大雨等の災害により崩壊する恐れのある急傾斜地においても擁壁を設置する必要がある。

傾斜地(法面)が土地面積の約30パーセント以上となる場合、または土地の利用が著しく制限される傾斜地を含んだ土地の売買では、傾斜地の面積や含む旨を不動産広告上で明示しなければならない。

(関連)

切土法面: 山を削り取った新たな斜面のこと

盛土法面: 土を盛ることでできた新たな斜面のこと

別名:法面、法地

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.