火災警報装置(かさいけいほうそうち)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集火災警報装置(かさいけいほうそうち)

リフォーム用語集 GLOSSARY

火災警報装置(かさいけいほうそうち)

建築物に設置される警報装置のひとつ。

煙や熱を感知し、音声やベル等で火災発生を報せる装置をいう。

設置場所は天井に行うのが一般的。

集合住宅に具わっている装置の場合は、警報発生と同時に管理人室(防災センター)へ自動的に通報が届く仕組みになっている。

改正消防法の施行(2006年6月)に伴って、新築住宅の階段・寝室への住宅用火災警報器の設置が義務付けされた。

このほか建築基準法改正によって、建築完了検査や建築確認申請の手続き時に、住宅用火災警報器の設置図面等を添付することとなった。

2011年5月31日を目途に既存住宅についても、市町村条例によって設置が義務化される。

既に自動火災報知設備・スプリンクラー設備等が設置済みのケースでは免除される場合もある。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.