かぶり厚さ(かぶりあつさ) |リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集かぶり厚さ(かぶりあつさ)

リフォーム用語集 GLOSSARY

かぶり厚さ(かぶりあつさ)

鉄筋コンクリート構造物で言われる 鉄筋を覆うコンクリートの厚さのこと。

厚さの計測は、鉄筋を覆うコンクリート表面から鉄筋の表面までの最短距離。

鉄筋を防錆するコンクリートの耐久性を示す目安とされる。

鉄は水分に触れることでサビが発生し強度を落とすため、対策としてアルカリ性のコンクリートで鉄を覆う処置が施される。

しかしコンクリートは空気中の炭酸ガスなどの影響で次第に中性化を起こす。この中性化によってコンクリートが劣化するとひび割れが発生し、コンクリート内部の鉄筋に水分が浸透してしまう。

このため「かぶり厚さ」が大きくなるほど、鉄筋まで水分が到達しにくくなることから、錆びにくくなり耐久性が高くなります。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.