建築年代で分かる住宅の強度|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集建築年代で分かる住宅の強度

リフォーム用語集 GLOSSARY

建築年代で分かる住宅の強度

建築年代でおよその強度や壁の中の構造が把握でき、大きな転換を迎えたのは1981年と2000年。
●1981年(昭和56年):建築基準法の耐震基準が強化され、柱と土台、柱と梁や胴差し(柱相互を連結し、2階の壁や床を支える横架材のこと)に建築金物を使い施工することが義務付けられた。
●2000年(平成12年):建築基準法が改正され、出隅(壁と壁、壁と柱などが交わることでできる外側の隅の部分のこと)の壁に筋交いをクロスに入れたり、構造用合板などと抱き合わせて壁の耐力を強くすると同時に、基礎の中にホールダウン金物を埋め込み、それを柱に取り付けて、柱が引き抜かれないようにすることなどが義務付けられた。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.