建築士の責任の明確化|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集建築士の責任の明確化

リフォーム用語集 GLOSSARY

建築士の責任の明確化

耐震偽装事件を契機として、2006年6月と12月に建築士法の改正が行われた(施行は2007年6月)。今回の改正で、「建築士は、常に品位を保持し、業務に関する法令および実務に精通して、建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実にその業務を行われければならない」と、建築士の職責規定が明文化され、こうした職責規定は、建築士に対する債務不履行責任や、不法行為責任を追求する根拠となる。例えば、一級建築士は現地を十分に調査して、安全な建築物を設計すべき注意義務があるにもかかわらず、木造住宅などを設計する際に「地盤調査は不要」と勝手に判断して調査を行わなかった場合などでは、建築士としての注意義務違反として、その責任を追求されることになる。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.