構造計算が必要な建築物|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集構造計算が必要な建築物

リフォーム用語集 GLOSSARY

構造計算が必要な建築物

建築基準法では、以下の通り、構造計算によって安全性を確かめる必要がある建築物を定めている。
(1)住宅などの木造建築物で階数が3階以上のもの
(2)住宅などの木造建築物で延べ面積が500平米超のもの
(3)住宅などの木造建築物で建物の高さが13m超のもの、または軒の高さが9m超のもの
(4)木造以外の建築物で階数が2階以上のもの、または延べ面積が200平米超のもの
(5)主要構造部(柱・梁・壁等)を石造、レンガ造、コンクリートブロック造、無筋コンクリート造等にした建築物で、高さが13m超、または軒の高さが9m超のもの

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.