繰越控除の特例(特定居住用資産の買い換えに伴う譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集繰越控除の特例(特定居住用資産の買い換えに伴う譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)

リフォーム用語集 GLOSSARY

繰越控除の特例(特定居住用資産の買い換えに伴う譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)

住まいを買い換えたときに、当初の購入価格より安く売却して、売却損(譲渡損失)が出た場合には、その売却損(譲渡損失)を通算4年に渡って所得から差し 引くことができる制度。正式名称は、「特定居住用財産の買い換えに伴う譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」。
具体的には、下記の通り。

(1)個人が2009年12月31日までの間に、所有期間5年超のマイホームを売却して生じた譲渡損失については、一定の期間内に買い換え資産(新しいマイホーム)を取得し て居住すれば、その他の所得と譲渡損失とを損益通算することができる

(2)損益通算し切れなかった損失額については、翌年以降3年間(通算4年間)、所 得金額から繰越控除ができる、などの特徴があげられる。また、「売却日の前年1月1日?翌年12月31日までの間に買い換え資産を取得し、取得日から翌年 の12月31日までに居住を済ませること」「取得に際して10年以上の住宅ローンを利用すること」などの条件を満たすと、「住宅ローン控除」との併用が可能になる。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.