汚染者負担原則(おせんしゃふたんのげんそく)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集汚染者負担原則(おせんしゃふたんのげんそく)

リフォーム用語集 GLOSSARY

汚染者負担原則(おせんしゃふたんのげんそく)

OECD(経済協力開発機構)によって1972年5月26日に提唱された、公害その他で汚染された環境を回復するにあたり、回復作業等に必要な費用の負担先を「環境汚染の原因を作った者が負う」とする原則。

この原則が日本で取り入れられたことで、1973年「公害健康被害の補償等に関する法律」の制定に繋がった。

法制定前までは、水俣病をはじめとした公害の被害者に対する責任の所在が不明確で救済に遅れが生じていたが、制定を受けて、国や地方自治体、企業らが本来負うべき被害者補償・修復費用・汚染の防止へ努める行為が明確化になった。

略語:PPP

原語:polluter pays principle これを和訳した言葉が「汚染者負担原則」

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.