押縁(おしぶち)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集押縁(おしぶち)

リフォーム用語集 GLOSSARY

押縁(おしぶち)

細長い材で、板状の部材と部材との継ぎ目や端のほうに出来る隙間を隠す、またずれないよう押さえる役割を持つ。

代表例としては縦羽目板の継ぎ目に取り付ける合板や目板が挙げられる。

素材は、金属製・プラスチック製・木製など多種に富む。

類語1: 「下見板」 外壁に少し重ねながら各板を取り付けた板。

類語2:「押縁下見板張」 下見板を押縁で押さえる手法

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.