落とし込み浴槽(おとしこみよくそう)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集落とし込み浴槽(おとしこみよくそう)

リフォーム用語集 GLOSSARY

落とし込み浴槽(おとしこみよくそう)

浴槽の仕様のひとつ。

浴槽の三分の一程度を床面から下に埋め込み設置する方式の浴槽を指すことが一般的。

浴槽エプロンのふちから浴槽内の床面までの立ち上がり部分の高さを約35から45センチにすると、またぎやすく入りやすい縁の高さとなる。

使いやすさからユニバーサルデザインとして取り扱われており、リフォームや新築物件にて採用が増えている。

埋め込みの深さを、浴室床面と同じ高さまで埋め込むケースもあり、このケースでは空間に広がりが出てくる点が好まれる。しかし立ち上がりの壁面がないことから、ある程度浴室が広くないと、体を洗浄した際の泡が浴槽内に入るなど衛生面の危惧があげられる。

また、洗い場と浴槽の底からの段差の大きさから、身長の低い子どもや体力的に不安のある高齢者の利用には、手すりなど補助器具の設置を検討したい。

別名:埋め込み式浴槽

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.