シックハウス対策における発注者責任|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集シックハウス対策における発注者責任

リフォーム用語集 GLOSSARY

シックハウス対策における発注者責任

発症には個人差や年齢差がある他、設計段階での換気計画や、完成後の温室度管理や換気管理、さらに搬入する家具やペットなど、シックハウス症候群には様々な要因が指摘されている為、完成した住宅に入居してからシックハウス症候群が発症したとしも、一概に施工会社やリフォーム会社の責任とはできない。

建設工事やリフォーム工事の発注者(依頼主)自身が、家族の健康状態やアレルギー体質の有無などをもとに、シックハウス対策に詳しい設計者や施工会社選び、さらにVOCゼロの資材・建材・設備を選択することが必要。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.