住宅借入金(取得)等特別控除|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集住宅借入金(取得)等特別控除

リフォーム用語集 GLOSSARY

住宅借入金(取得)等特別控除

住宅ローンを利用してマイホームを新築・購入した場合、一定の要件(年収や住宅の床面積)をクリアすると、所得税の控除が入居した年以後10年間にわたって受けられる。「住宅ローン控除制度」とも呼ばれている。

その住宅の取得のために返済期間が10年以上の住宅ローンを利用して、2007年12月末日までに入居した場合、最大で年間25万円(7年目-10年目は12万5000円)ずつ、合計200万円が所得税から控除できる。

また2008年12月31日までに入居した場合、最大で年間20万円(7年目-10年目は10万円)ずつ、合計160万円が所得税から控除ができる。

この住宅ローン控除制度は、2008年12月31日で廃止されることが決定している。
※2007年4月に、「住宅ローン減税の効果を確保するための控除額の特例」が創設されたが、これも2007年と2008年の2年間の適用である。

この控除額の特例は、2007年1月以降、所得税から地方税へ税源が移譲された結果、中低所得者層の所得税額が減少することに伴い、住宅ローン控除額を控除し切れないケースが発生することを予想して創設されたもの。また利用しようとする人は、現行の住宅ローン控除制度と同控除額の特例のいずれかを選択する必要がある。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.