針葉樹構造用製材の規格|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集針葉樹構造用製材の規格

リフォーム用語集 GLOSSARY

針葉樹構造用製材の規格

マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹で、木造住宅などの構造用部材に用いられるもの。

JAS(日本農林規格)では「目視等級区分」と「機械等級区分」で、それぞれ以下の通り格付けを行っている。

目視等級区分(節や丸身等材の欠点を目視で測定して等級区分するもの):主として高い曲げ性能が求められる部分に使用する甲種構造材(?・?)と、主として圧縮性能が必要とされる部分に使用する甲種構造材に分類される。

機械等級区分(機械で弾性係数を測定して区分等級するもの):強度の強さによってE50?E150の6段階に分類される。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.