造成地の以前の地形|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集造成地の以前の地形

リフォーム用語集 GLOSSARY

造成地の以前の地形

造成した住宅地の土地や(土地付き)一戸建て住宅を購入する場合や造成した住宅地に住宅を建設する場合は、その住宅地の以前の地形を調べることが必要だ。

例えば近くに河川がある場合や、海岸に近い埋め立て地、沼・水田・谷などの埋め立て地などは、沖積層の軟弱な地盤と考えられる。仮に水田や沼などを埋め立てて造成した場合は、3年-5年で地盤沈下が始まり、10年ぐらいで地盤が落ち着くといわれる。また斜面を造成した場合は、切り土であれば良好な地盤だといえるが、盛り土の場合には3年-5年ぐらいで地盤が沈下するため、敷地の変化に十分に注意する必要がある。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.