長期許容応力度|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集長期許容応力度

リフォーム用語集 GLOSSARY

長期許容応力度

屋根荷重のような固定荷重や家具などの積載荷重に対する許容応力度のことで、「許容応力度」は、構造体の各部材に生じる抵抗する力(応力)の限界点のこと。建物自体の固定荷重や積載荷重が長期間加えられると、部材はじわじわと変形を続け、それに伴って部材の耐力はどんどん減少していく。

建築基準法では、固定荷重や積載荷重が50年間かかり続けても大丈夫なように、基準強度(部材の種類や等級ごとに定められた強度の下限値)を1.1/3倍した値を長期許容応力度として、構造設計時に用いることが規定されている。

3カ月程度の積雪に対しては、基準強度を1.43/3倍した値が、長期許容応力度になる。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.