中目丸太の製材木取り|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集中目丸太の製材木取り

リフォーム用語集 GLOSSARY

中目丸太の製材木取り

「中目丸太」は柱適寸丸太(末口の直径が14cm-18cm)と、一般の中目丸太(末口の直径が20cm-28cm)の2つに分けられる。

以下は、製材木取りの方法。
良質材の場合:材の中心部分から「心持ち角」(樹心を断面内に含んだ角材)の柱材を、またその周囲からは「心去り平角」(樹心を含まない平角材)の役物鴨居(節の少ない鴨居材)を採材する

並材の場合:材を太鼓挽きして、ラス下地板や野地板、貫(真壁において柱と柱を連結する横材)、胴縁(合板やボード、金属板等の仕上げ材や、下地材を取り付けるための横材)、畳下板、足場板、型枠板(コンクリートを流し込むための型枠材)などを採材する

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.