屋根・雨樋の補修サイクル|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集屋根・雨樋の補修サイクル

リフォーム用語集 GLOSSARY

屋根・雨樋の補修サイクル

屋根材は風雨や雪、気候の変化などを直接受けるので、鉄板で30年-40年、粘土瓦で100年程度の耐用年数を想定してつくられている。

これらの屋根材が持つ特性を最大限に生かすため、新築後の経過年数(粘土瓦やセメント瓦、スレート瓦で10年-15年程度、金属屋根の塗装で5年前後)によって、防水性 や遮熱性、通気性などの機能を回復させるために、「屋根の葺き直し」等のメンテナンスや、「屋根の葺き替え」「屋根の塗り替え」等のリフォームを行う。また金属性の雨樋は3年-4年ごとに塗り替えを行い、15年以上で金属製・塩化ビニル製ともに雨樋の取り替えを行うことになる。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.