ロマネスク様式|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集ロマネスク様式

リフォーム用語集 GLOSSARY

ロマネスク様式

中世西ヨーロッパで見られる建築や美術の様式。
10世紀末から12世紀にかけてのゴシック建築以前の建築を指す。
同時代のビザンティン建築と同じく、教会堂建築において最高の知識・技術・芸術が集約されており、彫刻や絵画は聖堂を装飾するための副次的要素。
美術史・建築史において、19世紀以降使われるようになった用語。
直訳すると「ローマ風の」という意味であるが、当初は「堕落し粗野になったローマ風の様式」という蔑称としての側面が強く、その芸術的・建築的価値が評価されるようになるのは20世紀になってからである。

イタリアのサン・フランチェスコ大聖堂(アッシジ)、ピサ大聖堂、フランスのサント・マリー・マドレーヌ教会(ヴェズレー)、クリュニー修道院第3教会、ドイツロマネスクの初期作例であり、世界遺産に登録されたシュパイアー大聖堂などが有名。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.