「無垢」と「集成材」(株式会社OKUTA LOHAS studio新宿店のブログ 堀将人@OKUTAのブログ) リフォームのオクタ

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

株式会社OKUTA LOHAS studio新宿店のブログ

堀将人@OKUTA

「無垢」と「集成材」

2020/10/29

【違い】
「集成材」
薄くした木版を接着剤で張り合わせ
ブロック状にした木材のこと。
人工的に作られた木材です。

「無垢材」
丸太から切り出した自然な状態のままの木材。

【特徴】
集成材は木版を張り合わせて作るので
品質が安定しています。
無垢材は切り出したままの木材なので
品質にはばらつきがありますが
ひとつ一つの木材の表情が豊かなのが特徴。

その他、無垢材には調湿作用や冬場でも
暖かいなどのメリットがありますが
傷が付きやすいといったデメリットが
あります。

集成材よりもメンテナンスが
必要になってきますが、ちょっとした
傷や経年劣化による風合いの変化も
楽しめる為、とても愛着が沸きます。

無垢といっても
「パイン材」
「スギ材」
「チェスナット材」
「ヒノキ材」
「オーク材」
など、種類も色合いも素材も価格も様々

弊社でも様々なラインナップから
お選びいただけますので
お気軽にご相談ください。

SNSでシェアする

担当者へ無料メール相談!お気軽にご相談下さい!

お問合せ・資料請求はこちらから

About Me

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

タグ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ