No.0125 視線の先に広がる空間―アンティークピアノが奏でるNatural Living―(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0125 視線の先に広がる空間―アンティークピアノが奏でるNatural Living―(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0125視線の先に広がる空間―アンティークピアノが奏でるNatural Living―(一戸建て)

視線の先に広がる空間―アンティークピアノが奏でるNatural Living―(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • ダイニングの様子
  • 造作棚のある洗面の様子
  • 浴室の様子

物件データ

建物種別 戸建(中古物件購入) 間取り -
施工費用 9,700,000円 工期 45日間
築年数 8年 施工面積 100m²
物件面積 - 施工先住所 千葉県
邸名 Tさま邸 家族構成 大人2人
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

リビングと玄関ホールの間仕切り壁一面に強化ガラスを使用し、視線の抜けを作る事で狭く感じていたリビングのイメージが一新。玄関ホール側からの見え方を考慮し、一部腰壁を造作。壁に入っていた柱と筋交いは壁面のアクセントに。下がり壁を撤去したことにより独立型だったキッチンもリビングの一角になり、全体的な広がりが生まれました。お手持ちの素敵なアンティークピアノが映えるよう全体的にはホワイトカラーでまとめ、アンティークの風合いを出す為に床に塗装、化粧梁やアイアンはポイントで使用。冬の底冷えを防ぐ為に床にはセルロースファイバーを充填。エコキュートも新たに設置し、ECOで快適に過ごせる自然素材の家になりました。

詳しくはこちら→リノベーション特集

各ポイント

玄関の様子
明るく、広い玄関は、壁に入っていた柱と筋交いは壁面のアクセントに。
間仕切壁に強化ガラスを使用している様子
リビングと玄関ホールの間仕切り壁一面に強化ガラスを使用し、視線の抜けを作る事で狭く感じていたリビングのイメージが一新。
キッチンの様子
リビングとのつながりを考え、白でまとめられたキッチンはシンプルで使い勝手良く。
洗面の様子
緑のタイルがアクセントの洗面に。 ニッチには日ごろよく使う小物を置くことも。
トイレの様子
ホワイトカラーのトイレ。白と黒の床がアクセントに。
使用した主な自然素材 無垢材
珪藻土
こだわり・テーマ
施工部位

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.