No.0408 僕が住むよ! -祖父母との思い出を忘れない-(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0408 僕が住むよ! -祖父母との思い出を忘れない-(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0408僕が住むよ! -祖父母との思い出を忘れない-(一戸建て)

僕が住むよ! -祖父母との思い出を忘れない-(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • LDKの様子
  • キッチンカウンターの様子
  • コックピット書斎の様子
  • 階段の様子
  • 洗面室の様子
  • 玄関の様子
  • リビングの様子
  • 寝室から書斎を眺めた様子
  • LDKをリビングから見た様子
  • 外観の様子

物件データ

建物種別 一戸建て 間取り -
施工費用 - 工期 -
築年数 38年 施工面積 61m²
物件面積 - 施工先住所 埼玉県川口市
邸名 Tさま邸 家族構成 ---
採用した商品 浴室
 :サザナHDシリーズ (TOTO)

キッチン
 :AS L型(LIXIL)

洗面室
 :エムライン(パナソニック)

トイレ・手洗い器
 :ベーシアハーモ(LIXIL)

建具
 :LOHAS material、VERITIS内装引戸(パナソニック)など

家づくりのご要望・目的

<2015年度ジェルコ(JERCO)デザインリフォームコンテスト 一般社団法人住宅リフォーム推進協議会会長賞受賞>
<第3回 埼玉県環境住宅賞」入選>

受け継ぐ家だからこそ 心地よさが続くPassiv design(パッシブデザイン)で家づくり

かつてT様のご祖父母が暮らした築40年の一戸建ては、その老朽化が目立ちはじめたことから取り壊しの話が出始めていました。
幼い頃から何度もこの家に通っていたというT様は 「思い出も含めて受け継ごう」 そう決心され リフォームに踏みきりました。

ご祖父母の遺影と仏壇を飾るスペースを設けて ご親族がいつでも気持ちよくお参りに来られるようにしたい。
和風家屋から一新した雰囲気に造り変えて 趣味をもっと満喫できる「男の書斎」を造りたい。
暗く 風の通りが悪い1階フロアを改善したい。

壊すのでなく「受け継ぐ」意志に応える家創りへ 
室内の温度変化を少なくする断熱計画や自然素材の採用 陽射しの届く採光計画などLOHAS studioの「Passiv design(パッシブデザイン)」で 快適な住環境を創りあげます。

ビフォー・アフター

リフォーム前の画像リフォーム前の図面
before
リフォーム後の図面
after

Q値1.9 広さを犠牲にしない こだわりのプラン

目指すは Q値 1.9。 約18坪・狭小住宅と言われるT様邸の断熱プランは 居室の広さをなるべく犠牲にしない方法で 計画されました。
窓は世界トップクラスの断熱性を持つ 『Low-Eトリプルガラス(樹脂窓)』 と 欧米で人気の高い “蜂の巣形状の空気層” を持つ 『ハニカムサーモスクリーン』 のダブル仕様です。 床・壁・天井の断熱は外気に接する部分を中心にセルロースファイバーで施工しました。

省エネの快適生活は ローコストのライフサイクル

ほか省エネ機器の積極利用や 内装に珪藻土など自然素材を採りいれ 継続的な「心地よい生活」の土台を築きました。 自然の陽光や風を迎え入れ 自然素材の効果を十分に発揮するパッシブ住宅の誕生です。省エネルギーで暮らす環境整備と同時に 建築構造の安全性も見直して 耐震1.10 を取得しました。
暗く 風の通りが悪かった 1階フロアは 新たな窓計画と建具を無くしたオープンスペースで 毎日が明るい 涼やかに風の抜ける室内になりました。

趣味に没頭できる ディープなDJブースが完成!

1階/2階で内装テイストをガラリと変えた点も大きなポイントです。 ご親戚などお客様を迎える1階はナチュラルで柔らかい印象。 プライベート全開で過ごしたい2階は アンダーグラウンドのディープな装いで、趣味に没頭できる DJブース 『男の書斎』 を実現しました。

「受け継ぐ」からこそ目指した -Q値1.9 Passiv designの家-

「受け継ぐ」からこそ目指した -Q値1.9 Passiv designの家-
Q 値 1.9 を示す パッシブ住宅として生まれ変わったT様邸。 厳冬 2月に 温湿度計測を行ったところ 外気の温度変化に左右されず 一日を通して一定の室温と 40%台での一定湿度を示しました。 ちなみに屋外・雨天時の湿度は 90%台。 邸内の安定した環境を改めて再認識できます。 家自身が適切な湿度・温度を作り出す“ カラダ想い”の快適な室内です。

趣味を満喫する男の棲家 -コックピット書斎-

趣味を満喫する男の棲家 -コックピット書斎-
アナログ盤のジャケ写が見え隠れする 秘めたグルーヴを蓄えたこの空間は T様 独り占めの DJブース 兼 コックピット書斎です。 ダークトーンでまとめた床はLOHAS material アッシュ材。 壁は琥珀色の珪藻土。 セルロース断熱材で断熱機能も付与しました。 純粋に趣味に没頭できる 夢のような男の書斎が完成しました。


■施主様の声

限られたスペースながら 自分のライフスタイルには十分な機能と遊び! 念願のDJブースで過ごす時間が最高です!

各ポイント

仏壇を納めたLDKの様子
西側に高窓を設け 日常的な採光が叶ったLDKです。東西南北に設けた窓計画と 建具の開放で1階フロア全体は採光・採風が改善。リビング左奥は仏具を納めるコーナーです。
L字型キッチンの様子
高窓づかいが効果的なキッチンです。「桜」をキーテーマに桜色・珪藻土と色斑美しい伊製タイルを壁施工。リビング側にも春のような桜色。艶のあるタイルが満開のアーチのよう。
コンパクトなキッチンカウンターの様子
小ぶりのカウンターを造作した 軽食にぴったりのコンパクトで使いやすいダイニングです。浮きテーブルで足元はスッキリ。ニッチはおしゃれなディスプレイ。顕し柱がナチュラルです。
リビングから2階階段を望む様子
縦横に風の通り道を創ったリビングです。自然素材・断熱機能の強化で 一年中 快適。奥には仏間を具え ご親族の「お参り」を和やかにお迎えします。耐震強化も行い 安全性もアップ。
全面に書棚を構えた 2階・コックピット書斎の様子
和家屋から一新。 趣味満喫の「男の書斎」です。暗がりをイメージしたダーク調。造作した棚にコレクションを納めた景色は 圧巻のレコードギャラリー!至高のDJブースが完成です。
コクピット書斎とつながる 寝室の様子
書斎とテイストを揃えた 重厚感ある寝室です。断熱効果の高いハニカムサーモを窓に設置。ダークウッドの断熱レールやセルロースファイバー等で高断熱が実現しました。
玄関 内と外から見た様子
桜色タイルを馬貼りに敷いた玄関です。玄関扉は木目調ハンドダウンチェリー色の遮熱鋼板製。床はLOHAS material・ピーチ材。ホワイト色のエコクロスを壁に合わせました。
白基調の洗面室の様子
清潔感ある洗面室・浴室です。洗面室の床はクッションフロア 壁はエコクロスです。どちらもメンテナンス性の高さが大きな魅力。洗面台にぴったりの窓計画ですっきりとした見映えに。
収納庫のあるトイレの様子
自然な焼きムラで趣きのあるテラコッタ風タイルのトイレです。壁は塗り跡の色彩変化が楽しい黄水仙カラーの珪藻土。階段下の空きスペースを使って大容量の収納を造作しました。
使用した主な自然素材 珪藻土 (LOHAS studio オリジナル)
  LDK・階段・トイレなど

フローリング ビーチ、アッシュ (LOHAS material)
 LDK・階段・2階

エコクロス (旭興味) 
 玄関・収納・洗面室

タイル (平田タイル)(名古屋モザイク)
 玄関・トイレ・キッチン

断熱材セルロースファイバー

こだわり・テーマ
施工部位

担当者より

【担当デザイナーコメント】

お施主様のT様にとっては、お母様の生家でもあり、祖父母に会いに通ったお家でもあります。
初めてお会いした時に、お母様からは生まれ育ったこの家での数々の思い出話しを。傍らで息子様であるT様からは「思い出ごと、この家を守って、仏様を護って残していきたい」というご決意をお伺いしたことから始まったお家創りです。

歴史を「受け継ぐ」ことは「家を存続させること」
お家のこれまでをこれからの次代に『紡いでいく』ことをテーマとしPassiv designをご提案。「光と風・断熱・省エネ・自然素材・愉しむ」を存分に堪能いただけるプランとしました。
男性のお一人暮らしでもあり、間取りを、行き止まりがないこと。変化を愉しめることを目指しました。
キッチンでは実用的でコンパクトな使い勝手、トイレ?洗面?浴室を回遊する「8歩で適う水回り動線」を実現しました。

空間テイストとしては、1階と2階で対照的な色彩テイストを取り入れ 1階では、家族、親族は仏様参りなど来訪された際の穏やかな明るさを演出するため「桜色の空間」として内装、機器などの色モチーフに。2階では、プレイベートに没頭する、暗さにこだわった「琥珀色の空間」としました。
特に、男の書斎を醸し出し、趣味のDJスペースでは、セルロース断熱層の効果で、音漏れの心配もなく満喫していただけています。

担当者の他の事例を見る

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.