指定確認検査機関に対する報告書の作成・提出の義務化|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集指定確認検査機関に対する報告書の作成・提出の義務化

リフォーム用語集 GLOSSARY

指定確認検査機関に対する報告書の作成・提出の義務化

2006年6月に公布され、2007年6月に施行された改正建築基準法。建築確認を行う指定確認検査機関が確認済証を発行した際の報告内容が強化され、従来は確認を行った日から7日以内に、所定の特定行政庁に対し、確認を行った建築物の計画を「建築計画概要書」で報告していた。しかし今回の改正では、建築計画概要書よりも詳しい内容の「確認審査報告書」を作成して提出することを義務付けている。

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.