ツーバイフォー工法(2×4工法)(ツーバイフォーコウホウ)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリフォーム用語集ツーバイフォー工法(2×4工法)(ツーバイフォーコウホウ)

リフォーム用語集 GLOSSARY

ツーバイフォー工法(2×4工法)(ツーバイフォーコウホウ)

建築工法のひとつ。

北米が発祥とされ、近年国内に輸入され一般化した工法。別名「2×4(ツーバイフォー)工法」「枠組壁工法」。

2×4インチ(断面サイズ)の角材を使い、建物の主構造となる 床・壁・天井の六面を"面"で支える工法。

風力や地震の揺れによる衝撃が1カ所に集中しない構造のため、構造的な安定度が高く、木材間の隙間が少ないことから断熱・気密性も高い。柱による凹凸がないため、空間の内観はすっきりとし、欧米風の外観デザインが得意だが和風デザインも条件が合えば可能。

技術差が出にくいことも特徴で、施工先による完成品質の差は比較的小さい。なお、面で支える都合上、開口部の設計に若干の制限が出てくる。

類似:2x6工法・・・2x4以上に厚い断熱材を施工可能

頭文字から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット :
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.