秋の美術館巡り2019④〜1933年の室内装飾・旧朝香宮邸〜(株式会社OKUTA LOHAS studio練馬店のブログ 東郷 由紀@OKUTAのブログ) リフォームのオクタ

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

株式会社OKUTA LOHAS studio練馬店のブログ

東郷 由紀@OKUTA

秋の美術館巡り2019④〜1933年の室内装飾・旧朝香宮邸〜

2019/09/19

旧朝香宮邸である 東京都庭園美術館で、

今週末まで行われている展示

「1933年の室内装飾」を観に行ってきました。

.

大正時代・昭和初期の洋館や邸宅、好きです(๑′ᴗ‵๑)

.

1EF49D9E-B27C-4451-A893-B0E2BEDD9CF5
.

目黒駅から徒歩10分

.

65156BD5-91AA-4EBC-B2EF-3E1860CF264B
.

チケットを購入し、中へ入りますが…

建物が見えない…敷地の広さ(•’-‘•)

.

BE626CEE-D7A2-4A36-BD3D-37D210B43486
.

やっと見えました!

.

953A4450-E3D9-478A-A523-494A0BCD2957
.

エントランス

ガラスの彫刻のようで、両開き扉の装飾です。

床のモザイクタイルも素敵。

.

.

今回はこの邸宅の、室内装飾にフォーカスした展示。

写真撮影もOKで、たくさん見どころがありましたが、大食堂をメインにご紹介します。

.

FBCD63D1-EC1C-4932-9CA3-68A449BF53D5
.

広ーいお庭に面した、大食堂。

.

EDCBB0CD-DA82-439C-842C-25D36A844F98
.

この壁はコンクリートで型どったもの!

.

4A6971DB-897D-4418-9CE9-4B00DEB3C43C
.

フルーツ柄の照明

.

B8F9A1C7-5668-49FB-9D3E-084E945883FA
.

円形に張り出した窓下のラジエーター置場には、魚たちが装飾された鋳物のカバーが。

.

8A3C0418-F3CE-48A5-A10F-57A0A8595447
.

そして、扉はエッチングガラス

こちらは開き戸ですが、隣の大客室とは

同じようなエッチングガラスの引戸で間仕切られていました。

.

洋館なのに、引戸!

.

木や石だけでなく、様々なマテリアルを使っていたり…

今まで見た洋館や邸宅とは、イメージが違います。

.

.

朝香宮夫妻は、フランスで暮らしていた時期があるそうで、その時にアール・デコに魅了されて、日本に帰って新築する際フランス人デザイナーに依頼したそうです。

.

この装飾品たちもフランスから船便で入れたそうですが、

フランス人デザイナーは一度も来日せずに、手紙でやり取り、朝香宮夫人ご本人が訳して日本の職人へ伝えたそう!

.

インターネットはもちろん、写真ですらカラーでない時代に一度も足を運ばずデザインするってすごいですね。

.

.

26DCF2D7-4432-45F5-BD66-6F36F15421AF
.

ご夫妻それぞれの居間と寝室の4部屋から出られる空間。

日本家屋でいうと、縁側みたいな感じ?

.

7D1B15AF-0F71-4FAD-B727-5B77C928BD62
.

こちらは、部屋とは反対側。

廊下から入り、中庭を望むトップライトもあるホール。

.

8560C76A-0A03-4650-8740-E4E646B024FA
.

3Fの温室

.

外と部屋をゆるやかに繋ぐ、曖昧な空間がたくさんありました。

こういう空間、好きです!

.

.

たくさんのお部屋があり、

部屋ごとに違う大理石のマントルピースがあったり、

床の寄木のフローリング、

輸入クロスや左官、漆…

たくさんのマテリアルを使用していて、

見本帳のような邸宅でした 笑

.

面白い納まりもたくさんあり、

とても楽しめました♪

.

8BC9021A-ECAC-43A8-8BCA-F7AF124AE8BE
.

1933年の室内装飾 展

東京都庭園美術館

〜2019.09.23.

SNSでシェアする

担当者へ無料メール相談!お気軽にご相談下さい!

お問合せ・資料請求はこちらから

About Me

LOHAS studio インテリアデザイナー 東郷 由紀のプロフィールはこちらから
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

タグ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ