子育てに適した間取り リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP子育てに適した間取り

子育てに適した間取り
  • 子育てオープンキッチン
  • 子育てを楽しむ木立のリビング
  • 子育てしやすい見守り空間
  • 家族の様子が見渡せるLDK
子どもの成長や新たに家族が増えるタイミングに、リフォームやリノベーションをして思い切って間取りを変更しようと考える方は多いと思います。子どものいるご家庭では家で過ごす時間も長くなるため、子育てに適した間取りにしたいものです。ここでは、子育てにおすすめの間取りや間取りで意識すべきポイントをご紹介します。楽しく子育てしながら、お子さまの教育にも良い効果のでる、そんな素敵な間取りを目指しましょう。

子育てにおすすめの間取り

子育てにおすすめの間取りとして、主に以下の4つが挙げられます。ぜひ、間取りの検討の参考にして下さい。

子育てにおすすめの間取り

オープンキッチンにする

オープンキッチンにすると、キッチンとリビングの空間がつながることで、一緒にテレビを観たり、話したりすることができ、子どもの様子がよくわかります。キッチンにいる時間は意外と長いものですし、料理をしながら、子どもから目を離さないでいることは容易なことではないため、オープンキッチンであれば、安心することができるでしょう。また、子どもからも親が料理をしている姿が良く見えるので、小さい頃から料理に興味を持ちやすくなります。ただし、キッチンは火や刃物を扱う危険な場所でもあるため、刃物に手が届かないように扉に鍵をかけたりするなどして、安全面に配慮する必要もあります。


スタディコーナーを作る

親子共有のスタディコーナーをリビング内に設けると、一緒に勉強できますし、子どもの隣で勉強や仕事をする姿をみせることで、子どもの勉強へのやる気を出すことにつながり、お互いにいい刺激になります。ただし、どうしても教科書や勉強道具などで散らかりやすくなるので、収納スペースを確保する必要があるでしょう。

子ども専用スペースを作る

子ども専用スペースをリビング・ダイニングの一角や隣の和室などに設け、そのスペースは、子どもの作品をいっぱい展示しても、おもちゃを好きなだけ散らかしてもよいことにしておきましょう。このように決めておくことで、ママの片付けの負担が減りますし、子どもはのびのびと自由に過ごすことで、発想力を育めます。

収納スペースは多めに

リビングやダイニング周りには扉付の収納を多めに設けることで、おもちゃや本など子どもの物をしまうことができます。子どもの物は片付けたとしても、カラフルな物が多く、形も様々なため、どうしてもごちゃごちゃして見えます。扉付の収納なら、扉を閉めてしまえば気にならないですし、急な来客があった場合にはすぐに隠せて便利です。また、親と一緒に使うことで、子どもにも整理整頓が身に付くでしょう。

間取りで意識すべきポイント

子育てにやさしい間取りに変更するリフォームを行おうとする場合、間取りで意識すべきポイントとして、主に以下の3つが挙げられます。子育てにやさしい間取りを手に入れましょう。

間取りで意識すべきポイント

子育て

まず、安心感を得られることです。まず、1つ目のポイントは、当然のことですが、子育てを意識した間取りである必要があります。 ママは毎日、料理や掃除、洗濯など家事をこなしながら、常に子どもの様子を気にしなくてはなりません。例えば、独立式のキッチンであれば、料理をしている間、子どもの様子は視界に入らず、音や気配でしか感じることができないため、常に子どもの様子が視界に入るような間取りにしたいものです。さらに、家事の合間などに、学校であったことを聞いたり、学校の宿題などを見てあげたりと、子どもをほったらかしにせず、親子のコミュニケーションをしっかりと取りましょう。これらを具体的に実現するために、上記で挙げた、オープンキッチンやスタディコーナーなどを取り入れるのがよいです。

家事動線

2つ目のポイントは、家事動線を意識した間取りである必要があります。 ママは、洗濯、掃除、ゴミ出しなど様々な家事を毎日おこなっていますが、これらの家事をできるだけスムーズに効率よくできるように位置関係を設計することをおすすめします。例えば、洗濯機から物干しまでのルートを考えてみて、そのときのドアの開け閉めの回数を減らすような位置関係にするのも効果的です。些細なことかもしれませんが、家事は毎日のことであり、積み重なるとストレスの原因ともなりえますので、できるだけママの家事の負担を軽くしましょう。

将来

最後に、3つ目のポイントは、将来を意識した間取りである必要があります。 兄弟がいて、小さい頃は同じ部屋でよかったのに、思春期となれば、たとえ兄弟であっても別々の部屋にしたほうがよいなど、子どもが成長するにつれて、子育てに適した間取りは変わってきます。そのため、例えば、仕切りの取り外しが可能な可変式の部屋にリフォームし、小さい頃はひとつの部屋としておき、大きくなればプライバシーに配慮し仕切って個々の部屋として使用し、子どもが独立したら、また、仕切りを外してひとつの部屋に戻すといったこともおすすめです。将来を見据えて、柔軟性のある間取りにしましょう。

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.