No.0372 次世代に受け継ぐQ値1.9の家 -『進化』するところ、『残す』ところ-(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

No.0372

次世代に受け継ぐQ値1.9の家 -『進化』するところ、『残す』ところ-(一戸建て)

家づくりのご要望・目的

<第2回埼玉県環境住宅賞2014 入選>

ご両親が暮らすご実家に、同居する運びとなったK様。
これを機会に、2世帯で暮らすリフォームをご計画されました。

築38年になるK邸です。耐震診断の結果、建物の状況は思わしくない状態だと判明しました。
耐震性・断熱性といった基本性能の向上が必要不可欠です。
将来を見据えたバリアフリー化にも取り組みます。

末永く快適に住み続ける家造りへ向かって。
親世帯・子世帯どちらも満足できる、暮らしやすい間取りへのリフォームとなりました。

施工事例 ビフォー・アフター

  • リフォーム前の図面
  • リフォーム後の図面


【断熱施工 厳しい社内規定をクリア】
世界水準の断熱性能を目指すLOHAS studioでは、社内規定に基づいた断熱に関する仕様がございます。
断熱性能向上としてK邸では、室内外周「床」「壁」「天井」全てをセルロースファイバー断熱材で施工、窓は断熱サッシに交換(一部インナーサッシ)し、社内規定の仕様をクリア。
建物から熱を逃さない「熱損失係数(Q値)≒1.9」を実現しました。

【耐震性能向上で補助金を利用】
国交省・建築基準法上の耐震基準1.0を満たし、補助金制度が利用可能となったK邸。
1階水廻りを中心にバリアフリー化を施し、ご両親も安心して暮らせます。
クリーンエネルギーとなる太陽光発電も新設。自宅の使用電力は自家発電でまかなえ、光熱費削減にも一役です。
光と風を感じられる明るいリビング。
思い入れのある和室の天井を残し、趣ある、次世代に受け継がれる家となりました。


断熱工事とバリアフリーに取り組まれたK様邸。
将来、車椅子での利用もできるよう
水廻りを中心に通路を広くしました。
トイレ・洗面・浴室が一直線につながり
介助者も補助のしやすい動線です。
1階洋室は、玄関と水廻りへのアクセスを短くしています。




リフォームで進化を遂げた場所、それは。
大切な家族、愛猫にも暮らしやすい工夫でした。
出入り自由な“キャットドア”や大好きな遊び場“キャットウォーク”
猫たちの楽しみは、ご家族の愉しみと同じです。
38年前の新築当初は思いもつかない新設備が、
これからの暮らしに彩りを添えていきます。



施工事例の物件データ

建物種別 一戸建て
施工費用 22,700,000円
工期 80日間
築年数 38年
施工面積 132m²
施工先住所 埼玉県さいたま市
邸名 Kさま邸
家族構成 大人3人
採用した商品 キッチン
 :ラクエラ (クリナップ)
ユニットバス
 :サザナ(TOTO)
トイレ
 :OKUTA LOHAS studioベストセレクション商品

東京、神奈川、千葉、埼玉の各エリアに店舗がございます。
各店舗では実際に自然素材の空間を体感できます。

0120-19-5955

電話受付時間|9:00〜19:00 年中無休

来店予約

施工ポイント

使用した主な自然素材 珪藻土 
無垢床材 (パイン) 
断熱材セルロースファイバー
こだわり・テーマ コンテスト受賞事例  二世帯住宅  バリアフリー  ペット  省エネやエコ  太陽光・オール電化  耐震や構造補強  断熱  家の老朽化  パッシブデザイン  パッシブハウス 
施工部位 キッチン  お風呂・浴室  トイレ  洗面所  リビング  ダイニング  LDK  和室  洋室  廊下  階段  サッシ    ドア 
担当店舗

こちらの施工事例もおすすめです

建物タイプ別から探す