No.0476 築50年 木造の家 -新しい家族が住み継ぐリノベーション-(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

LINE友だち追加

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP施工事例No.0476 築50年 木造の家 -新しい家族が住み継ぐリノベーション-(一戸建て)

施工事例 CASE

No.0476築50年 木造の家 -新しい家族が住み継ぐリノベーション-(一戸建て)

築50年 木造の家 -新しい家族が住み継ぐリノベーション-(一戸建て)

Yahoo!ブックマークに登録
  • 和室から眺めるLDの様子
  • 吹抜けから見下ろすLDの様子
  • キッチンの様子
  • 吹抜けのあるリビングダイニングの様子
  • 小上がり・和室の様子
  • 浴室の様子
  • 天井を高くした洋室の様子
  • 趣きのある玄関の様子
  • ストライプの梁が美しいキッチンの様子
  • バルコニーを眺めるLDKの様子

物件データ

建物種別 一戸建て 間取り Before: 6LDK →  After: 5LDK(書斎含む)
施工費用 - 工期 約90日間
築年数 50年 施工面積 177.51m²
物件面積 - 施工先住所 神奈川県横浜市
邸名 Sさま邸 家族構成 大人3人+子供1人
採用した商品 -

家づくりのご要望・目的

<第25回 「ジェルコリフォームコンテスト2017 全国大会」 全国優秀賞 戸建て 受賞>

築50年の家を住み継ぐリノベーション -古き良き姿を残しながら…-

「家も物も 長く大切に使い続ける暮らしへの憧れ」 をお持ちのS様は 「子どもが生まれてからより強くなった」 というそのお気持ちを胸に 「自分たちの手をかけて 住み続けられる家」 を探されていました。

そしてついに知りあいの方を介して 「前オーナーが大切にしていた」 中古一戸建てと出会い ご購入されることに。

S様が選んだ「家」は 時の住人が改修を重ねた 築50年が経つ 木造一戸建て住宅です。
建築当時はまだ少なかった断熱材が施工され 柱や梁で「門型フレーム」の構造を造るその木造家屋は 家を支える 柱・梁の本体はしっかりした状態に保たれ また、デザインや素材には深いこだわりが感じとれました。

「できるだけ既存のものを残したい」 S様のお気持ちに寄り添いながら 50年を数える歴史ある姿に "新しい家主"となる ご一家の 『暮らしやすさ』を 重ねあわせるリノベーションを始めます。

ビフォー・アフター




威風堂々とした姿を新たに -50年目のリフォームで-

齢50年のS様邸が リフォームでより洗練された姿に生まれ変わりました。
もとは二世帯用の間取りを 「4人家族」 に合わせて見直し ご家族の個室とご主人様の書斎を確保。 余分になった2階・キッチンと個室は撤去して 1階とつなげ LDKを大きく見下ろす 大開口の吹き抜けを造作しました。
床は経年の色合い更に深めるウォルナット仕上げに 天井や壁は古い素材と相性の良い珪藻土を中心に調えています。
威風堂々と見ごたえある LDKをはじめ 室内テイストは 「今の『好き』より 飽きのこないことが大事」 と木の味わいを感じる上質な雰囲気に。
「良質な木で丁寧に造った"日本の家"を軸にしながら 長く暮らす空間を偏ったテイストにせず 中庸を選びたい」 奥様のベースプランに寄り添って 前オーナーから引き継いだ 北欧家具やちゃぶ台との調和も大切に考えてデザインしました。

今の『好き』より 飽きのこないコト -良質な素材にこだわる室内風景-

もともと設えてあるカーテンボックスなどの木製の設備やサッシ・建具類は 「既存品をなるべく残せるように」 のご意向に応え 埃を払い磨きあげ 本来の美しい姿に復元しました。
室内カラーは 「古い素材に合わせ彩度を落とす」 「子ども室に 軽やかなイエローやブルーを彩色」 など 「和」に偏らない 調和のとれたデザインを心がけています。
リビングダイニング隣接の小上がり(和室)は 綺麗に清掃をし 畳を交換するだけのミニマムなプランで 従来の面影をそのまま継承。
根太が現しになった1階キッチンは リビングに向き合う対面式に再設計しました。 既存の格子窓に 渋みのある床タイルを合わせ「和モダン」な装いです。
お母様の個室は リビングダイニングと通路を挟む「離れ」のような場所へ。 庭を眺めながら静かに過ごすことも 扉を開けて「リビング風景」を眺めながら にぎやかな空間を共有することも どちらもお好みで選べます。

各ポイント

吹抜けを仰ぐ開放的なLDKの様子
吹抜けを仰ぐ開放的なLDKです。庭に面した縦横の窓から日差しが惜しみなく届きます。室内を彩るストライプの影模様も周到なデザインのひとつ。豊潤な床面はウォルナット仕上げ。全体を重厚なトーンで包み 飽きのこない風景を創りました。
格子窓が新鮮なキッチンの様子
光もデザインのひとつになった格子窓のあるキッチンです。窓や現しの根太は既存のまま。足元には錆び感のある釉薬タイルを施工するなど引き継いだ素材と馴染むよう色を抑えめに調えてモダンな空気を創りました。
LDを眺める小上がり・和室の様子
古いものを活かし畳だけを交換した和室(小上がり)です。柱も既存のものをそのまま活用。広いLDKごしに庭も眺められる「囲まれた空間」。ちょっとゴロ寝も気持ちよさそう。
キャットウォークを具えるリビングダイニングの様子
吹抜けに造作したキャットウォークです。元は2階の一部。真下はリビングダイニングを眺めます。窓・リビング側にはすのこ状にスリットを付け光や風が通るよう工夫しました。
2階洋室の様子
キレイな壁色の2階・洋室です。明るい床面は無垢パイン材 上)寝室。下)子ども室。太梁が印象的です。壁・床にはお嬢さまのご意見も。室内窓から吹き抜けに通じます。
離れ風の居室の様子
LDから一歩奥「離れ」風のお母さまの居室です。天井にカーブを造り伸びやかさをプラス。目の疲労が少ない間接照明を採り入れご高齢でも過ごしやすい光量に。
玄関の様子
落ち着いた印象の玄関です。「長く暮らす空間なので偏ったテイストにしたくない」のお好みに合わせシンプルなデザインに良質なインテリアを合わせ品格ある景色を創りました。
メンズライクで渋みのある書斎の様子
メンズライクなご主人の書斎(2階)です。床張りはローズウッドとブラックウォルナット端材の競作。壁面の棚やカーテンボックスは磨き直した既存品です。
サニタリーの様子
白基調の明るいサニタリーの様子です。タイルは素材選びにこだわりました。左)横長の鏡で広さを強調した浴室。個性的なハンガーや収納も。右)タンクレス便座で室内はスッキリ。
使用した主な自然素材 壁・天井
 :珪藻土

床:
 パイン材
こだわり・テーマ
施工部位

担当店舗

LOHAS studio 横浜店

北欧に着想を得て、『HYGGE×HOME』をコンセプトに掲げた、北欧の風を感じるLOHAS studio横浜店。 港町ならではのさわやかな風が感じられるような、シンプルでスタイリッシュな暮らしを、お客様のニーズに合わせてご提案いたします。リフォームのご相談も随時受付致しております。 新しい風を感じるLOHAS studio 横浜店へ、どうぞお越しください。

PAGE TOP

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.