No.0352 元気に猫が駆け巡る、2階リビングの家(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

No.0352

元気に猫が駆け巡る、2階リビングの家(一戸建て)

家づくりのご要望・目的

<2014年度ジェルコ(JERCO)デザインリフォームコンテスト デザインアイデア賞受賞>

9匹の愛猫と暮らすS様ご夫妻。
2階にあるLDKについてお悩みでした。というのも、2階のLDKと1階が壁で間仕切られておらず、下からの冷たい風がそのままLDKに入り込んでくるのです。
それに加え、吹き抜けで天井の高い大空間のため、冬は寒く夏は暑い状況。
断熱をしっかり施し、快適に暮らしたい!という思いが強くなりました。
他にもリビングにテレビと並ぶようにある洗面化粧台や、トイレのドアがリビングに面しているのも気になる…。
また、9匹の飼い猫と暮らしていると、猫のニオイや汚れ、引っ掻き傷が気になってきます。
それらに強く、猫も楽しめる家にしたい!とリフォームをスタートされました。

施工事例 ビフォー・アフター

  • リフォーム前の図面
  • リフォーム後の図面


リビングの様子

【家の性能を上げ、驚くほど快適な住まいへ】
問題だった2階の温熱環境を改善することに。
まず、階段との間に間仕切り壁を作り、扉をつけ、部屋を完結。
勾配天井には断熱材セルロースファイバーを施工しました。さらに、外部屋根には遮熱塗料を塗装。
それに加え換気棟をつけることで、夏場に屋根裏が熱くなることを抑制しました。
窓にはインナーサッシを設置。こうすることで、断熱性を高めるだけでなく、周辺環境の騒音を減らすことができます。
家そのものの性能を高めるリフォームにより、夏涼しく冬暖かい家に。そして、劇的に静かな空間へ生まれ変わりました。

【アイデアで、間取りを変えなくとも水廻りを改善】
気にされていた洗面とトイレのドアの位置。
トイレのドアはリビングに面さないよう、洗面スペースの手前で壁で囲うようにするこで、解消。
洗面スペースの入口にドアをつけるには、トイレのドアとの近さやスペース的にゆとりもありませんでした。
そこであえて見せる異空間となるよう、入口をアーチ開口でオープンにし、リビングから見えても違和感のない優しい空間としました。

【人と愛猫が共に心地よく過ごせる住まいへ】
愛猫たちが楽しんで暮らせるよう、部屋のコーナーにキャットタワーを造作。
吹き抜けの大空間を立体的に使い、梁上やロフトに渡れる回遊性を持たせました。
床から90cmの範囲には、汚れや臭いの分解に効果的なタイルを使用。
天壁には珪藻土を施工し、タイルと合わせて室内環境をより快適に保てるように配慮しました。

徹底的に施した断熱対策と、猫と暮らす家特有の問題を解消する室内環境を備えたS様邸。
ホワイトアッシュの床材や造作材を使用し、無垢の温かみある、やさしい空間へと変貌を遂げました。

施工事例の物件データ

建物種別 持家戸建
工期 70日間
築年数 18年
施工面積 63m²
施工先住所 埼玉県越谷市
邸名 Sさま邸
家族構成 大人2人+猫9匹
採用した商品 キッチン
 :ベリー (トクラス)
ユニットバス
 :サザナ(TOTO)
トイレ
 :OKUTA LOHAS studioベストセレクション商品

東京、神奈川、千葉、埼玉の各エリアに店舗がございます。
各店舗では実際に自然素材の空間を体感できます。

0120-19-5955

電話受付時間|9:00〜19:00 年中無休

来店予約

施工ポイント

使用した主な自然素材 断熱材セルロースファイバー
無垢床材
珪藻土
こだわり・テーマ コンテスト受賞事例  デザイン  自然素材  ペット  収納充実  省エネやエコ  断熱  大規模リフォーム  家の老朽化  リノベーション 
施工部位 キッチン  お風呂・浴室  トイレ  洗面所  リビング  ダイニング  LDK  書斎  寝室  洋室  廊下  階段  サッシ    ドア  収納  家具  外壁・屋根 
担当店舗

こちらの施工事例もおすすめです

建物タイプ別から探す