キッチン収納のポイント リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPキッチンリフォームキッチン収納のポイント

キッチンリフォーム

キッチン収納のポイント

  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7
せっかくキッチンをリフォームしても、実際に使用してたら、キッチンがごちゃごちゃに・・・なんてことになってしまったら元も子もないですよね。
ポイントさえしっかりと抑えておけば綺麗で使い勝手の良いキッチンを実現できます。
キッチンでの作業を楽しく効率的に行うべく、ここではキッチン収納リフォーム術のポイントをご紹介します。

使う場所の近くに使うものを置く

必要な物が欲しいと思った時にすぐに手に取れると、スピーディに作業が出来、効率的です。調理スペースのキャビネットには、キッチンばさみや計量スプーン等を、またコンロの近くにはお鍋や調味料等を収納すると良いでしょう。
食事の時に使用する調味料や器具はダイニングテーブル近くにしまっておくことをお勧めします。余計なものをキッチンに置かないこともポイントの一つです。

パントリー(食品庫)のリフォーム

キッチンで収納するものは食器類や鍋だけではありません。レトルト食品や缶詰・買い置きの調味料等の保存食品をストックしておく場所が必要になります。そういった保存食品を収納できるパントリー(食品庫)があるとキッチンの中がすっきりと片付きます。
重要なポイントは、パントリー(食品庫)の内部は食品類が一目で見渡せるような作りにしておくことです。

よく使うものは取り出しやすい状態で

ボウルやザルは、手に取りやすく、水気も乾かせるので、扉の無いオープンな棚に置くと良いでしょう。レードルや片手鍋は壁面のパイプにつるしインテリアの一部にしてしまうといった方法もあります。
豪華な扉つきの食器棚の設置のことばかり考えるのではなく、取り出しやすさや使いやすさを考慮したリフォームを行う事が重要になってきます。

ゴミ箱スペースを忘れずに

キッチンリフォームをする際に忘れてはならないのがゴミ箱スペースです。せっかくリフォームをして綺麗なキッチンを実現出来たとしても、ゴミ箱スペースを取ることを忘れてしまい、ゴミ箱が邪魔に・・・なんてなってしまったら元も子もありません。
そうならないよう、しっかりとゴミ箱スペースを取ることをリフォームの際に忘れないようにすることが大切です。大きなゴミ箱スペースが必要な場合は、収納の一部に組み込む等の工夫をするのも良いでしょう。

使いやすいキッチン収納を目指す

収納と聞くと、収納量だけに目がいってしまいがちです。ただし、いくら収納量が多くても手が届かなかったりして使いにくければ意味がありません。使いやすい高さは腰の位置から目の高さまでと言われていますが、高い場所も低い場所も有効活用するためにちょっとした工夫をしてみましょう。
高い位置にあるため使いづらいと良く言われている「吊り戸棚」も電動昇降式にする等、一工夫することで使いやすい収納スペースに早変わりします。こうすることで多少費用はかかってしまいますが、こういった費用をかけてでも使いやすい収納を心掛けることが賢い選択であると言えるでしょう。
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.