No.0491 音楽とワインに寛ぐ貴賓室 地下に造る憩いの空間(一戸建て)|リフォーム・注文住宅ならLOHAS studio(ロハススタジオ)

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

No.0491

音楽とワインに寛ぐ貴賓室 地下に造る憩いの空間(一戸建て)

家づくりのご要望・目的

増えてきた『コレクションの置き場所』問題を解決! 最高の環境をご自宅に!!

大人コレクターの悩ましい課題といえば 『収集品の置き場所(展示スペース)』です。
ワイン蒐集を趣味にもつ K様もまた これまで集めて来られた『ワインコレクションの収蔵スペース』にお困りでした。
約600本を数える大切な逸品のクオリティを損ねることなく 静かに眠らせ保管する。
ワインにとって最高の環境を用意するため ご自宅の地下室をリノベーションしようとご計画されました。

施工事例 ビフォー・アフター

ワインセラーをご自宅に -大切なコレクションを愉しみ・保管する空間づくり-

「自宅の地下にワインセラーを造りたい」とスタートした K様邸のリノベーションは ご主人様の寝室と倉庫を兼ねた地下1階を活かしながら設備や素材を足し算する方向でプランニングされました。

オリジナルだから可能になる 最高の環境づくり

新設するワインセラーは リビングに並んだ間取りに造る『ワイン専用・貯蔵室』とリビング内・ワインセラー設備の2種をご用意しました。 貯蔵室を囲む間仕切りはガラス製サッシのため リビングからギャラリーのようにコレクションの眺めを愉しめます。
すき間が少ない建具の設計やガラス選びなど 『間仕切り』施工の細部にわたり細心の注意をもって取り組んだ結果 温度・湿度変化が少なく、結露対策もとれたワインにとって最良の環境が実現しました。
床は 温度を低く維持でき 重量物に強く、重い木箱の移動も横滑りで容易、清掃もしやすい点が魅力のタイル素材に変更しています。
ワインを保管する棚は ワインボトル以外にも 木箱・グラスなど関連品のサイズや重量、ボトルを取出す際のクリアランスも考慮にいれて設計し 使いやすく収容力のあるオリジナル棚を造作しました。
一方 リビング内のワインセラーは既存の壁に内包するように埋め込むことで 室内に自然と馴染ませました。 趣味を楽しみながら最高のコンディションでワインを愉しめるリラクゼーション空間が生まれています。

既存の内装をブラッシュアップ! 寝室も新しく

全体では もともと珪藻土が塗装されていた地下室の壁面に 琥珀色・あるいは白色の珪藻土を合わせることで 艶のある肌面と軽やかな色調の 新しい装いにブラッシュアップを図りました。
ご主人様の個室は ワインセラーから最も遠い角地に 22畳を確保し 地下とは思えない開放的なベッドルームを新設しています。 ロールスクリーンで目隠しできるクローゼットも造作し 収納力を強化! クローゼットやワインセラーの周辺一部分を優しい手触りの織物調クロスを施工して 汚れ・傷への耐久性を高めるなど 暮らしやすさにも工夫をしました。

ワインに寛ぐ 趣味を語らう 幸せのラウンジ

海外にもワインコレクションをご所有の K様だけに ワインへの愛情と知識は超一流のもの。本物志向の審美眼から創りだされた地下空間は ワインを愉しむ貴賓室そのものです。 コルクを抜く瞬間 未知のブーケを 時に独り占め 時には家族と分かち合う 贅沢で芳醇な空間がリノベーションで完成しました。

■施主様の声

イメージ通りの空間ができた。本当に満足している。
選定した商品ひとつひとつも気に入っている。

施工事例の物件データ

建物種別 一戸建て
間取り 2LDK(地下1階部分)
施工費用 3,400,000円
工期 24日間
築年数 7年
施工面積 48m²
施工先住所 東京都
邸名 Kさま邸
家族構成 大人3人

東京、神奈川、千葉、埼玉の各エリアに店舗がございます。
各店舗では実際に自然素材の空間を体感できます。

0120-19-5955

電話受付時間|9:00〜19:00 年中無休

来店予約

施工ポイント

使用した主な自然素材 珪藻土
こだわり・テーマ デザイン  自然素材  収納充実  リノベーション 
施工部位 リビング  寝室  洋室  廊下  サッシ  収納 
担当者より

リフォームのメインとなる「ワイン」は非常にデリケートで、また「本物志向」のK様へのご提案は 私ども一同 勉強させて頂けた案件になりました。
完成する最後まで社内スタッフ(職人の方々)で一丸となった協力体制を作りました。
ご依頼を下さった施主様に感謝を申し上げます。

担当店舗

こちらの施工事例もおすすめです

建物タイプ別から探す