在来工法の浴室とは リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP浴室リフォーム在来工法の浴室とは

浴室リフォーム

在来工法の浴室とは

  • 浴室リフォーム1
  • 浴室リフォーム2
  • 浴室リフォーム3
  • 浴室リフォーム4
  • お風呂でお月見!?あったか家族のバスタイム

レイアウト自由度の高い在来工法

現在、浴室工事と言えばシステムバスが主流になりつつありますが、かつて一戸建ての浴室工事は床や壁をタイルで貼った在来工法が大部分を占めていました。周囲に防水加工を施し、コンクリートなどで壁や床を造る昔ながらの工法です。
在来工法は、床や壁の防水性を考慮しながら、モルタルとタイルで仕上げる方法であり、最大の特徴は自由にスペースに合わせて作ることが出来るといった点です。
在来工法による浴室は現場で造りますので、それぞれ家庭の浴室における形状や空間に合わせた浴室にすることが可能です。

在来工法のメリット

在来工法は空間や形状に関係なく、自分だけのこだわりのある空間を造ることが出来ます。浴槽はもちろん、床・壁・天井等、窓の大きさから位置まで自分好みの浴室を造ることが出来ます。バリアフリー対策もしっかり出来、手すりの位置や浴槽廻りの高さ等についても自由に設定可能です。素材もタイルや大理石、ヒノキ材等をはじめ様々な素材を選ぶことが出来ます。
他にはない自分だけの癒しの空間を造ることが出来るのが、在来工法のメリットであると言えるでしょう。

在来工法の注意点

自分だけの癒しの空間を造ることが出来る在来工法の浴室ですが、注意しなければいけない点がいくつか存在します。
在来工法の浴室は、システムバスと比べ防水機能が劣っています。その為防水処理を徹底的に行なわないと、浴室回りに水漏れが出る可能性があります。また、施工にさまざまな業種の職人が必要となり、工期が長くなり手間もかかります。材料費がかさむのでコスト面でどうしても高くつくといったデメリットもあります。

在来工法はこんな人におすすめ

・浴室が特殊な空間・形状をしている
・自分だけのオリジナルの浴室を造りたい
・大理石やヒノキ等材質にこだわりたい
・長持ちする浴室にしたい
・高級感ある浴室にしたい

お風呂・浴室リフォームのお役立ちコンテンツ

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る