passiv design?(LOHAS studio Blog passiv designのブログ) リフォームのオクタ

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

LOHAS studio Blog

passiv design

passiv design?

2019/01/09

passiv design?

聞きなれた人もいるでしょうが、

聞きなれない人も多いと思います。
passivとは受動的といった意味です。
今回は、入口、超簡単入門、

passivについてお話します。

 

 

住まいについてのpassivってなに?

 

大きく2つです。

立川店_3_R

まずは、建物自体の性能を向上させることが一点。
一つの例をあげますと

断熱性能を上げるということです。

冬場にダウンジャケットを着ると

すごく暖かいですよね。

ヌクヌクですね。

外気と衣類の間に空気の層ができ、

冷気が伝わりにくくなります。

これが断熱です。住まいに断熱材をいれて、冬場は暖かくします。

断熱って何?と思われますが、

伝導、対流や放射による熱移動を防ぐことです。

伝導や対流、放射ってなんとなく難しいですね。

暖かいものを持つと、暖かいと感じますね。

熱源から手まで熱が伝わります。これが、熱移動です。

熱の移動を少なくするのが断熱です。

その他、住宅性能を上げることは、

いろいろとありますが、

細かくは別の回にて話していきます。

_MG_2653_R_R

 

 

2つ目としては、

自然の光や風をうまく取り入れることにより

最小限のエネルギーで

快適に過ごせるようにすることです。
冬場の日向ぼっこは暖かいですよね。

太陽の光(熱)を多く取り入れて、暖房のエネルギーを

なるべく少なくし、室内を温かくします。

一方、夏場、ムシムシした中で風が通ると

涼しくなったりしますよね。

夏場でグリーンカーテンとかをよく見かけますが、本社グリーンカーテン_R

グリーンカーテンを通った暑い風は、葉が熱を吸収し、

直射日光をさえぎり、少し涼しくなりますよね。

そういったものをうまく利用して、

最小限のエネルギーで室内の快適性を保つ設計です。
こちらも別の回に細かくお話していきます。

 

 

IMG_0991_R

 

 

Passiv(受動的)とdesign(意匠、趣向)を

組み合わせ、

OKUTAのpassiv designでは

5つのことを掲げています。

passivdesign-avat

① 光と風をデザインする
② 断熱をデザインする
③ 省エネをデザインする
④ 自然素材をデザインする
⑤ 愉しむをデザインする

この、

5つの要素をもとに、住まいの状態や環境など、

様々なものを考慮しながら、

お客様に最適な状態にプランニングしていきます。
5つの要素につきましては、

一つ一つブログにて詳しくお話していきます。

 

 

補足

Passivの逆の意味でactiveという言葉があります。
activeとは積極的です。
住宅においても、passivとactiveがあります。
activeとしては、建物の性能を考慮せず、

エアコン、ストーブなどの冷暖房機器や

高性能な設備機器を多用して

快適性を保つ設計です。

エネルギーをすごく利用しないといけなくなります。

あまり、多用はしたくないですよね。

 

        05_OKUTAロゴ1_PNG

設計部 中里

SNSでシェアする

担当者へ無料メール相談!お気軽にご相談下さい!

お問合せ・資料請求はこちらから

About Me

2021年12月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

タグ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ