定期的なお手入れ|浴室のお手入れ・お掃除方法のご紹介|浴室リフォーム リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPお風呂・浴室リフォーム浴室のお手入れ・お掃除方法のご紹介定期的なお手入れ

お風呂・浴室リフォーム

定期的なお手入れ

  • 浴室リフォーム1
  • 浴室リフォーム2
  • 浴室リフォーム3
  • 浴室リフォーム4
  • お風呂でお月見!?あったか家族のバスタイム

毎日の浴室お手入れ方法」でご紹介した方法に加え、さらに気持ちのいいお風呂場になるお手入れをご紹介いたします。
場所によって頻度は変わりますが、だいたい目安として2週間~1か月のお手入れをおすすめします。

浴槽・風呂フタ・循環口・浴槽排水口・浴槽機器

浴室用中性洗剤をかけてスポンジでやさしくこすります。ここで是非使っていただきたいのが使用済みの歯ブラシです!風呂フタの細かい隙間の汚れを歯ブラシで掻きだしていきます。
循環口、浴槽排水管、浴槽機器もカバーを外しゴミを取ったら同じように歯ブラシで汚れを落とします。汚れが落ちたらいずれもシャワーでしっかりと洗い流しましょう。ここで洗剤が残らないように注意してください。

床・天井・壁

浴室用中性洗剤をかけてスポンジでやさしくこすります。床、壁はシャワーで洗い流し、天井はスポンジでこすった後、ぬれた布で洗剤をきれいに拭き取ってください。

床排水トラップ

目皿を外し、シャワーをかけながらスポンジで洗い流します。ヘアキャッチャーに溜まっている毛やゴミを捨て、歯ブラシを使って汚れを落とします。

ドア

色々な形状のドアがあると思いますが、ガラリ(空気取入口)があるタイプのドアは、ホコリがたまりやすいので掃除機でホコリを吸い取ります。またホコリと水分が合わさり固まっている事もあるので、浴室用中性洗剤を使い歯ブラシでこすり落としてください。
扉部分は浴室用中性洗剤を含んだ布で拭き、また濡れた布で洗剤が残らないように拭いてください。

鏡・水栓・収納部・カウンター

浴室用中性洗剤をかけてスポンジでやさしくこすります。シャワーで洗い流した後、水分が残らないよう拭き取り、鏡と水栓は水アカが残らないよう磨きます。

照明・換気扇・暖房機

まずブレーカーの電源を切りましょう。照明カバーは薄めた浴室用中性洗剤を浸した布で汚れを取り、さらに洗剤が残らないよう水拭きします。換気扇・暖房機はホコリが溜まりやすいので歯ブラシでホコリを取り除いた後、同じように拭き取り汚れを落とします。

今や市販の浴室用中性洗剤はとても効力のあるものばかりです。
溜まったゴミを捨てたり、水栓を磨いたりと、わたし達がちょっと手を加えれば簡単にキレイなお風呂場にすることができます。
大切なのはマメにお手入れすること。
時間があけばあくほど汚れは頑固になり、そうなれば一度のお手入れにも時間がかかってしまいます。
いつも気持ちよくお風呂場のお手入れができるように定期的なお手入れは大切ですね。

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.